« 魅惑のメタル・パラダイス | トップページ | 素肌には天然素材を »

2006年8月27日 (日)

ケーブルは何のために

P70 当ブログ【ファイン・ライン】は、こだわりのケーブル製作に焦点を当てるものだが、決して「究極の自作ケーブル」などと豪語してアクセサリー偏重志向を助長するものではないことをお分かりいただきたい。別カテゴリー「自分流・ケーブル」の冒頭でも申し上げたが、スピーカー、プレーヤー、アンプなど、基本コンポーネントの充実なくしてはケーブルの効果も望めないと考えている。

さらに申し上げれば、「自分のサウンド」が定まっていなければ、数多の機器から何を選べば良いのかもわからなくなる。私を含む多くのオーディオマニア諸氏にとって、マイ・サウンドの探求は永遠の課題であり、10年20年と流浪の年月を重ねてもなお立ちはだかる問題だと思う。そんな中でのケーブル選択は一層難しいものだ。

本カテゴリー「自分流・サウンド」では、自分のサウンド志向や使用機器にまつわる四方山話を中心に展開していくことで、私流のケーブルが私流サウンドの実現に欠かせないツールとなっていることをご紹介できればと思う。

別の見方をすれば、私のケーブルは、サウンドのベクトルが全く異なる愛好家のシステムには全く適さない場合もあるということだ。例えばトランスペアレントがフル・マッキントッシュに合うかと尋ねられれば、首を横に振らざるを得ない。ただ、これもユーザーの好み次第なのだが。

きっと皆様のサウンド志向やシステムに最高にマッチするケーブルが、世界のどこかにあると思う。そんな一本に巡り合えるかどうかの保証はないのであるが。幸い、私はそんなケーブルを自らの手によって製作することができた。

オーディオとは難しいものだ。

|

« 魅惑のメタル・パラダイス | トップページ | 素肌には天然素材を »

コメント

早速トラバさせていただきました。
ところで、ハンドルは? (笑
ケーブルへのアプローチは全く違いますが、よろしく御願いいたします。

投稿: どら。 | 2006年8月27日 (日) 13時19分

どらさん、こちらこそ宜しくお願いします。
うちのは、細くて柔らかいですかね?笑

投稿: NAIT | 2006年8月27日 (日) 16時21分

NAITさん、こんにちは。
こちらでは初めまして。

画像拝見しましたが、セラベースはやっぱりカッコいいですね。
今はSRコンポジットのラックに載せているので満足していたのですが、
この画像を見ると俄然欲しくなってきました(笑)
いつかは手に入れたいものです(^^)

こちらでもよろしくおねがいします。

投稿: UENO | 2006年8月29日 (火) 09時55分

UENOさん、どうぞよろしくお願いします。

セラベースは、ルックスも音の傾向もエソ系に
似合うと思いますよ。ラックも重要ですが、棚板と
コンポ底板に介在するインシュレーターで相当に
品位は向上しますから。

セラベースの一番の売りは、音の輪郭を本当に
繊細に描いてくれる点です。消え際などとても
美しいものです。また、力強さもあります。

NAOKさんインシュレーターを上回った市販製品は
未だコレしかありません(キッパリ

高価ですけど(泣

投稿: NAIT | 2006年8月29日 (火) 12時20分

>NAITさん

レスありがとうございます。
セットで10万円となると先にウーファーに回しますね(笑)

後々考えてみたいと思います(^^)

投稿: UENO | 2006年8月29日 (火) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魅惑のメタル・パラダイス | トップページ | 素肌には天然素材を »