« 鶴の機織 | トップページ | 和紙のはなし »

2006年8月31日 (木)

オーディオグルメ的・元素周期表Ⅱ

Newton元素と音質の関係にめっぽう詳しい前述の友人、clef氏から、Newton10月号に面白いヒントがあると知らされた。早速この周期表特集号を入手した。化学がご専門の方々には今更かもしれないが、改めて各元素の性質や、どういう素材がどういう用途に利用されているかが復習できると思う。オーディオは工業製品である以上、こうした素材知識はこの趣味を深める上で必ずプラスになるはずだ。

ケーブル製作という話で言えば、以下のコメントをもらった。

Cu・・・コアな自作派は、実は一番利用していない
Al・・・柔らかさがある音
Ag・・・音のグラデーションに富む
Pt・・・煌びやかで反応の速い音
Au・・・煌びやかだが、やや芯が薄い音
In・・・物性と同じく、とても柔らかい音、奥行きの広がりを持った包むような音
Ir・・・硬い音、麻薬感はなく、分解能に優れる
Be・・・銅に近い?やや軽い音
Ni・・・Ptに近いが軽く密度が甘い

さすがに私もIn以下は試したことがないので何とも言えないが、5番目までは同意見だ。興味深いのは、10族のPtとNiの音質傾向が彼の評価で似通っている点だろう。

製作の難易度や価格的な観点から並べると、標準的なクラスで構わなければAg、フトコロに余裕があってキワモノを狙う場合はPt、という選択になろう。また、一極あたり和紙・絹単線を一本としているので、各線に異種金属を振るのも面白いブレンド手法だ。

私の常套手段は、例えばRCAラインの場合、ホットにPt単線、コールドにAl単線を持ってくる。なぜAgを使わないかといえば、PtにはAlが最も好ましい音質のマッチングを得たからだ。氏の言葉を借りれば、煌びやかで反応の速い音に、柔らかさを加えた音だ。Pt特有の低域の逞しさも失われない。

さらに言えば、バランスケーブルではより多くの組み合わせが可能になる。華美になる心配もあるがAl+Au+Ptなどは面白いかもしれない。やる気と多少の無駄金を使う覚悟があれば、貴方のオーディオシステムでもきっと面白い実験ができると思う。ちなみに、合金よりも純金属をケーブル構造で組み合せる方がそれぞれの特徴が上手くブレンドされる印象がある。

Agは、どちらかといえば3φクラスの和紙・絹巻単線で一本勝負した方が好結果が得られるだろう。ラインに利用する場合は端子加工が大変だが、ACケーブルへの応用は簡単だ。

|

« 鶴の機織 | トップページ | 和紙のはなし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鶴の機織 | トップページ | 和紙のはなし »