« 電源予備実験Ⅰ | トップページ | Sharing / Asa festoon »

2006年10月26日 (木)

10,000アクセス

Kusudama8月23日の初投稿で始まったFine Line【ファイン・ライン】も、お陰様で10月25日に10,000アクセスを迎えました。今後もタイトルに従って「細い線」のように継続できればと思います。

滑り出しはどうなるかと不安の多い毎日でしたが、反応してくださる方やコンスタントにROM静観しておられる方も多いことがわかり、継続の力になっています。

更新ペースと内容についていくのが大変、という御意見もいただきましたが、こういうタチなのでお許し下さい(^^;;

古くから言われていることですが、オーディオという趣味には、作品やアーティストの意図に思いを馳せる「文系的」側面と、電気機械を扱うという「理系的」側面があります。どちらに偏り過ぎても理想のサウンドには到達できないでしょう。

最近は機器の性能も良くなり、相応の対価を払えばポン置きでも素晴らしい音を出すものが増えたのは歓迎すべきことです。ただ、誉れ高い製品を求める努力をする方はあれど、現状の機材で手と頭を動かす方は以前より少なくなったように思います。

小手先の使いこなしでは越えられない壁があるのは当然ですが、オーディオ機材のトレードに終始することなく、ぜひ好奇心を持っていろんな比較や実験を重ねていただきたいものです。

機材は大きく重いので、理系文系に加えて「体育会系」オーディオを実践されることをお薦めいたします。

得意分野は人それぞれですが、体育会的マニア精神は見ていて気持ちの良いものです。巨大絶縁トランスを何個も並べる方、床を貫通してラックを立てる方、ジャッキで床を支える方、それぞれにオーディオマニアの気迫を感じます。

私は小技ばかりですが、今後はもう少し「手を動かして」製作編の充実を考えていますので、宜しく御指導のほどお願いいたします。地金相場が下がってくれると助かるのですが(^^;;

|

« 電源予備実験Ⅰ | トップページ | Sharing / Asa festoon »

コメント

NAITさん。こんにちわ。はなはなはなこ(びーぐる)っていいます。
こちらに書き込まれているような「ごっつい」人たちには足元にも
及びませんが、オーディオが「ちょっと」好きです。

最近まで病気で入院してたので、こちらのサイトのことは先日知りました。おもしろくて、ためになりますね~。

んで、上記の「体育会系」オーディオでの「実例」って言うんでしょうか…なんだかこの実例が全部うちでやっていることに似てるんです。
もちろんうちでは、そんな「たいそうなごっついこと」は出来てないし
「素人のおまえといっしょにするなバカ者」って言われそうですが、
そういうことをやっている方をご存知でしたら、ぜひ教えてください。
とっても興味があるのですが、実際にほかのお宅で上記のような
ことを実践されている方を見たこと無いんです。

オーディオの知り合いがあまりいないので、いろいろ教えて
いただけたらうれしいです。

時々、のぞかせていただきます。そんでは。

投稿: びーぐる | 2006年10月27日 (金) 21時21分

びーぐるさん、初コメントありがとうございます。
お噂はかねがね。

こちらに書き込まれているような
「ごっつい」人たちには足元にも
及びませんが、オーディオが「ちょっと」好きです。

貴方の発言の全てが
ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

って感じですよね(笑

今後とも宜しくお願いします。

投稿: NAIT | 2006年10月27日 (金) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電源予備実験Ⅰ | トップページ | Sharing / Asa festoon »