« オーディオショウを横目に | トップページ | 皿回しオーディオ »

2006年10月11日 (水)

1+1≠2

Math_2新しいケーブルや機器を試すたびに思うのだが、オーディオ再生音に公式があるとすればそれは決して「1+1=2」にはならないだろう。上手く狙いが的中すれば2以上の成果が出るだろうし、逆に元の1より悪い結果になってしまうことも考えられる。

先日Power Max 5500を試したときに感じたのだが、同じ性格のアイテムで相乗効果を狙うのか、異なるベクトルのアイテムでブレンド効果を狙うのか、難しいものがある。そこが自分流のサウンド作りの妙であるとも言える。

拙宅のシステムの場合、メイン機器から小物までラインナップは立体感や定位を重視した高解像度・高S/Nのアイテムで、あと一サジ多ければ冷血で緊張感を強いる負のエリアに入ってしまうものだ。

しかし、そういうギリギリの線でなければ得難いサウンドがあるのも事実で、そのライン上をやじろべぇの如く右に左に揺れながら七転八倒してきたのが自分のこれまでの遍歴である。

私と同様の趣向をお持ちの方も少なからずいらっしゃると思うが、安易なブレンド手法はお勧めしない。というのも、1を足したはずなのに結果が1以下に終わる場合が多いと思うからだ。

こちら方向に追い込んだシステムは、例えれば澄んだ湖水のようなものだ。そこにインクを一滴落とすと僅かでも濁りの影響は大きい。白い絵の具は何かを混ぜると元の白にはもう戻らない。綺麗に揃った和音ほど僅かでもピッチがずれていると気持ち悪い。

ラーメン通には怒られそうだが、表面にラードや胡麻が浮いた視界5mmの味噌やとんこつスープはたまには美味しいものだが、味作りの哲学が正反対と言えるかもしれない。

経験から言えば、私と趣向を一にする方は、安易に違うベクトルのアイテムを混ぜてはいけない。あくまでも高解像度・高S/Nの相乗効果を狙う中で、妙な誇張感のない自然で生々しい再生音が出てくることに期待をかける。

ただ、そういうアイテムは希有であるし、あっても高価な場合が多い。自分が出会った中で非常に共感したのがセラベースだ。インシュレーターのくせに馬鹿高いが、作り込みも良く、そのパフォーマンスからも導入せざるを得なかった製品だ。

最近、友人でオーパス使いのF氏もセラベースを導入したとのことだ。ご本人曰く「もっと早く知っていれば」と後悔されているようだった。ダイナ島田さん店のユーザーレビューに書いておられるのでご参考まで。

|

« オーディオショウを横目に | トップページ | 皿回しオーディオ »

コメント

NAITさん、こんにちは。
私もこのブレンドのさじ加減に苦労しています。
1本ベルデンをいれただけで、その他のケーブルの持ち味が失われてしまったかのような表現になってしまいます(^_^;)

投稿: きむこう | 2006年10月11日 (水) 12時38分

きむこうさん、毎度です。
組み合わせはホント難しいですね。
コンポからアクセまで。

最近ちょっと気になるのが、いろんなBBSや
ブログで見かける新鋭デジタルアンプによる
「一発撃沈」のエピソードです。

一昔前と比べると最近は「使える」機種が
いろいろ充実してきたようです。
凄いんだろうなぁと思う一方で、そんなに
簡単にアガってしまうなんて嘘だろ、
なんて思ったりもします(^^;

好みにハマればよいのでしょうけど、
そこでもやはり組み合わせの呪縛からは
逃れられないと思うのですが、いかがでしょう。

もっとも、知らぬが仏なのかもしれませんね。

投稿: NAIT | 2006年10月11日 (水) 12時57分

デジタルアンプを使ったら「あがり」なんて信じられません(笑)。
少なくとも、未熟な私の場合、ごろごろ音が変わってびっくりしてます。ますますシビアになった面もあり、日々微調整にあけくれる毎日です。

デジタルパワー特有の音色や音の出方があるので、好き嫌いや好みからは逃れられないと思います。少なくとも、ICE Powerはそうですね。

「あがり」を迎えられる方はこれまでの経験の蓄積がすごいのでしょうね。うらやましいようなうらやましくないような^^;

投稿: lmst | 2006年10月11日 (水) 13時35分

lmstさんのデジアンとの格闘、
影ながら応援してます(^^)

西のCAM-200使いの御仁がeARについて
面白いことを仰っていました(以下、勝手に友情出演)。
・・・
誰かの背中を手で押すとすると、
クラッセはジワっと押し当てて相手の様子を見ながら
グイっと押します。
eARはいきなり怪力でバンっと叩くんですね。
相手は吹っ飛びますが、それってどうなん?

投稿: NAIT | 2006年10月11日 (水) 15時01分

予想でオーディオを語れるほど知識も経験もありませんが、
少なくとも即「あがり」はないでしょう。
一箇所の変更であがったとすれば、その他の部分が既に完成
されていたのかもしれませんね。

って思いながらも一度は自宅で聴いてみたいです(^_^;)

投稿: きむこう | 2006年10月11日 (水) 15時19分

先ほどのコメントで誤解を与えるような表現が
あったかもしれませんが、デジアン=あがり
ではなく、試された方も反応はさまざまです。

もちろん、感銘を受けて「撃沈」された方も
多くいらっしゃいますが、それを自室に即導入
するかは別問題のようですね。

精密感は優秀なのでしょうが、戸惑いを感じた方も
少なからずいるようです。

新しいツールとの付き合い方を探っていく時代が
来たのかもしれませんね。

とかなんとか言ってる自分が一番「撃沈」されそう^^;

投稿: NAIT | 2006年10月11日 (水) 16時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーディオショウを横目に | トップページ | 皿回しオーディオ »