« 迷い羊さんのサウンド | トップページ | 電源予備実験Ⅰ »

2006年10月24日 (火)

Akimitsuさんのサウンド

Fast迷い羊さん宅でのオフ会には、実は第二段階があった。

clefさんを除いて、私と迷い羊さんとAkimitsuさんは同じ多摩川水域に住んでいる。昨夜四人で飲んだ後、私はチャリでAkimitsuさんのお部屋に伺い、夜遅くまでシステムを聴かせてもらった。

彼はアコースティックラボの名機ボレログランデをFASTプリメイン、Rotel CDPというシンプルな構成で鳴らしておられる。リスニング形態はニアフィールドと呼んでよいだろう。現役の学生さんということで種々の制約はあるものの、どのような状況でも非常に的確なコメントをし、またどこにでも顔を出すフットワークの軽い奴なのだ(笑

昨年にも一度聴かせていただいたが、構成機器から想像できるサウンドを遥かに凌ぐそのパフォーマンスから、電気工学専門の彼の「正論」の部分と、オカルトやプラシボも辞さないオープンな実験マインドが微妙なバランスを保っていると感じていた。

今回の変更点は、ソニー製のスーパーツイータが追加されていたこと、ボード類やケーブルの変更だった。しかし、これらはすぐに目にとまる変更点であり、実は目に見えないサウンド強化策が今回のAkimitsuさんの音を決定的にグレードアップさせていた。

ご存知の方も多いと思うが、Akimitsuさんは「オーディオ専用電源工事のススメ」を説いているエヴァンジェリストである。とはいっても、安全を無視した手法は当然とっておらず、彼が個人的にも親しい西蒲田の出水電気さんによる電源工事を勧めている。

今回のサウンドは根本的に「筋肉質」な方向に変貌していた。ひとえに電源強化の効果だろうと直感した。Akimistuさん曰く、取り付けビスの素材選定やケーブルの這わせ方など細かい調整によるところも大きいそうだが、土台の力強さはやはり専用工事の強みなのだろう。

力強さだけでなく、私のツボでもある繊細な音場空間にも効果が大きいようである。発声に例えれば、腹筋を強化することで腹式呼吸による声帯の振るわせ方が質的に向上する感じだろうか。pppでも芯のある響きになるのだ。

既にDENKEN DA-7100HGからオーディオ電源を一括供給している拙宅ではあるが、まだやれることは多いようなので是非お願いしてみたくなった。

|

« 迷い羊さんのサウンド | トップページ | 電源予備実験Ⅰ »

コメント

こんばんは
Akimitsu君の音は非常にオーソドックスですよね。
僕は彼の行動力と素直な音にとても好感を抱きました。

投稿: koji4432 | 2006年10月24日 (火) 22時40分

koji4432さん、いらっしゃいませ。
オーソドックスなAkimitsu君の音は
以前のお部屋の時からそう思っていましたが、
今回は質的に大躍進した印象を受けました。
ついでにいただいた46度の新潟のお酒も
相当キマシタ!

アルコールランプに入れて
アニールに使えますね(違

投稿: NAIT | 2006年10月24日 (火) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 迷い羊さんのサウンド | トップページ | 電源予備実験Ⅰ »