« 1+1≠2 | トップページ | 電池というオアシス »

2006年10月12日 (木)

皿回しオーディオ

Dishオーディオも円盤の時代はもはや風前の灯なのか。街に連れて出るポータブルオーディオの世界では現実にそうなってしまった。猫も杓子もiPod。かつて熱烈なマッキントッシュファンであった自分には今のアップルコンピュータの状況に対して複雑な思いがする。

そんな時代の潮流に反して、私は「皿回しオーディオ」を携帯している。ふと立ち寄ったCD店で買ったタイトルを早速聴きながら移動したいからだ。CDウォークマンは未だに必需品である。

世代的な行動パターンもあるのだろうが、音楽ソフトは店であれこれ手にとってジャケを眺めながら選びたいと思う。ダウンロード購入というのは私のような世代にはしっくりこないのかもしれない。もっとも、CD時代のジャケ鑑賞は、LP時代のそれに比べればインパクトは皆無に等しい。

イヤホンにはBang&Olfsen A8を長年愛用している。そのスタイルには賛否両論あろうが、オーディオテクニカなどがかなり酷似したデザインの製品をリリースしていることなどからも、そのデザインの先駆性が見て取れる。

音ヌケも良く、CDP側のバスブーストなどを併用することで、イコライジングのかかった音ではあるが楽しい音を聴かせてくれる。ストイックに攻めるならイーディオさんが扱うEtymotic Researchのイヤースピーカーだろうが、その特殊な装着形状から自分の歩みの骨伝導が響くのが嫌で敬遠している。

皿回しオーディオが瀕死の状態なのは本格的なピュアオーディオも同じかもしれない。私はのめりこんでいないが、PCをトランスポートとして使う方も一部で増えているようだ。音質的に利点も多いらしい。ネットダウンロードと相まって、ますます前段はPCという時代になるかもしれない。

エソテリで重い皿を回しているようでは時代に取り残されそうだ。

|

« 1+1≠2 | トップページ | 電池というオアシス »

コメント

NAITさん、おはようございます♪
リンクの件、ありがとうございますm(_ _)m
こっそりROMして毎日楽しみにしていました\(^0^)
今後ともよろしくお願いします!

投稿: kimura | 2006年10月13日 (金) 10時10分

kimuraさん、こちらこそありがとうございます。
局地的なネタばかりですが、ご覧いただけると
嬉しいです^^
自分は現状では関東勢ですが、半ば関西に
足を突っ込んでいるようなものなので
機会あればご一緒させてくださいね。

投稿: NAIT | 2006年10月13日 (金) 10時16分

NAITさん宅は奥様との会話が関西弁なんですよね!
いつの日かお会いできる日を楽しみにしておきます♪

投稿: kimura | 2006年10月13日 (金) 12時04分

夫婦とも淀川以北の大阪弁です。
ご説明するまでもありませんが
「関西弁」なんて本当はありません。
神戸のしゅうへいさんとは話が全く
通じなくて困っています^^;
京都の方は細かいので嫌いです(爆
ガンガン逝ってしまわれるkimuraさんは
絶対マイナー京都人でしょう!

投稿: NAIT | 2006年10月13日 (金) 18時54分

NAITさん、こんばんは♪
そういえば、父親方は奈良の十津川出身で、母親は鹿児島生まれの滋賀県育ちでした。
やっぱり純血の京都人ではありません(^_^;)

常に「二兎追う者」なので、もう少し細かくならないと・・・と思っていますが、無理みたいです。

投稿: kimura | 2006年10月13日 (金) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1+1≠2 | トップページ | 電池というオアシス »