« 電池というオアシス | トップページ | Delius帰還 »

2006年10月14日 (土)

敗者復活戦?

Ins_1何年もオーディオを続けていると、使わなくなるアイテムがだんだんたまってくる。その原因の多くは、音の趣向が合わない、システムの設置変更、あるいは上位製品へのグレードアップ等で使わなくなるものだと思う。

メインコンポーネントやブランドケーブル、あるいはちょっと値の張るアクセサリーは下取り交換やオークションでのリセールが効くのでそれほど蓄積しないものだ。しかし、ふるいにかからなかったアイテムはどうだろう。

拙宅の例で言えば、セッティング小物がこの部類に入る。鉛インゴット、黒檀ブロック、御影石、真鍮円錐、J1青などを持て余している。場所を取らないので積極的に処分する必要はないが、もう一度陽の目を見せてやりたい気持ちがある。

ここ数年「敗者復活戦」をやっている。前段機器には常にサジ加減をみながら異種素材を組み合せて効果的な設置法を考える。P70にはセラベースがすっかり定番になってしまったが、DACやプリには設置による音質改善の余地が大きいと思う。

お約束だが、私の音の趣向は解像感、繊細感、S/N、立体感などを重視した誇張のないナマ楽音、とうところだが、言うだけはタダだ。また、細密な設置法を矮小化する方もいるが、このベクトルで音を煮詰めていくには避けて通れない分野なのだ。

気に入っている組み合せは、木・金属・ポリマーの三種混合だ。何でも混ぜれば良いという単純な発想でもないのだが、真鍮円錐をスパイクとし、山本音響工芸の黒檀スパイク受けでホールド。機器との設置面とラック棚板との設置面はJ1青でガタ取りと傷防止を兼ねる。

真鍮の分量にもよるが、概して悪くない感触だ。真鍮の代わりにガラス系、水晶系、アクリル系でも面白い。高域の減退感があるようなら、J1は厚紙でも良い。ちなみにJ1製品はナスペックさんが米国から輸入していた頃の製品を推奨する。

さらに言えば、真鍮の部分を中重量機器用のNaok氏インシュレーターと置きかえ、黒檀スパイク受けを機器側に設置すると、いわゆる「現代オーディオ」のベクトルではトップレベルのアイソレーションシステムになる。

再利用をいろいろ試みてきたが、鉛インゴットだけは持て余している。極厚チークスタビライザーにすっかり音質的な勝負で敗北したからだ。TGメタルは重いだけの金属塊となってしまった.....

|

« 電池というオアシス | トップページ | Delius帰還 »

コメント

NAITさん こんにちは

インシュレーター系の使いこなしは経験則からくる勘のような
ものが蓄積されてスキルアップすると感じています。

チークは組成に金属系の物質を含んでいるらしいので、ある意味
ハイブリッド系と言えるでしょうね。削ると粉状になるのも内部損失
と関係があると思います。

ラックのスパイク受けにステンレス(TAOC社製)を使用していますが、
若干高域が華やかなになる部分を、0.3mm鉛シートを貼って調整
しています。

また、スピーカースパイクの支持は真鍮円盤ですが、米松ボードとの
間にセーム皮をはさんでいます。すると適度な湿り気が加味されて
バランスがよくなります。

あと、音響対策拡散ボードは市販品はコストダウンのため集成材に
カツラ材の突板仕上げですが、こちらでは特上ヒノキ無垢ですね。
自作なので贅沢できるわけですが、見栄えと香りを演出します。

いやいや、オーディオって本当にディープな趣味ですね?(^^;

投稿: しゅうへい | 2006年10月14日 (土) 16時29分

経験則、まさに仰る通りでしょうね。
人によって選択する素材は違ってくるでしょうし、
逆に同じ素材を使っても人によって全く逆の音が
出てくることだってありそうですね。

どのような素材に巡り合うかは運や好奇心に
よるところも大きいと思いますが、
結局「その人の音」が滲み出てくるのが
この趣味の姿なのかなぁと感じています。

しゅうへいさんのお話を聞くと、今回のタイトルは
「敗者復活戦」ではなく「休眠アイテム活用法」
というのが適当かなと思った次第です。

旬はカーボンですか?笑

投稿: NAIT | 2006年10月14日 (土) 16時57分

カーボンといえば、BDR社(ブラック・ダイヤモンド・レーシング)の
製品群が有名ですね。

私もボードとコーンスパイクを試したことがありますが、その時の印象
は「大人しくなる」というか「角が少し丸まる」といった感じです。
音が暴れたときの制動を目的に使えば効果があるように思います。

カーボンはフォーミュラーカーの部品に多用されているように、軽量
かつ高強度という相反する物理特性を両立させ、付帯価値として美観
に優れるというオマケがつきます。

そういえば、ゴールドムンド社製品が天板の意匠に採用しているのは
上手い使い方ですね。

投稿: しゅうへい | 2006年10月14日 (土) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電池というオアシス | トップページ | Delius帰還 »