« 電源予備実験Ⅱ | トップページ | 東京工業大学 »

2006年10月29日 (日)

壁内配線

Insidewall壁内配線の可能性を探ってみた。

素人目にはかなり厳しそうだ。この建物ができた施工時には、天井や壁を作る前に電気系統、空調パイプ、電話線、アンテナ線等を配線したはずだ。後からではせいぜい風呂場の天井の穴から首を突っ込んで様子を眺めるくらいいしかできないようだ。

また、要所要所がコンクリートでさえぎられていて、見通しも悪い。

プロの電気屋ならケーブル通しのいろんな小道具があるのかもしれないが、分電盤からたかが10数メートルしか離れていない壁コンにケーブルを這わせるのに多くの苦労が必要とは、何とも口惜しい。

音質的には壁内で電線の束と同居するよりも露出配線で床を延々と這わせる方が良さそうだが、聴く度にいちいち配線して通常は撤収というのも何とも不細工な家だ。かといってこの配線だけのためにリフォームというわけにもいかないし。。。

業者なら簡単にできるのだろうか。いやはや困った。

・・・

今日は、息子と娘と初代ウルトラマンのDVDを観た。かの有名なキャラである「三面怪人ダダ」は宇宙線を跳ね返す壁を除いては何でもすり抜けられる。

Dada一時間だけ、ダダになれたら。。。

|

« 電源予備実験Ⅱ | トップページ | 東京工業大学 »

コメント

身内の電気工務店でアルバイトをしていた経験から言わせて
頂きますが、状況は厳しいですね。

戸建住宅で天井裏に入れる場合はVVFが固定されていてもなんと
でもなります。壁内はケース・バイ・ケースですが、先行に針金を
通しておいて、後からVVFを針金にひっかけて抜き出すよう
にします(小技があります)。

NAIT邸の場合ですと、現在布設されているVVF線(恐らく1.6か2.0)
がスライドできそうなら8sqを「ところてん式」に抜き出すことも
考えられなくもないですが、一緒に束ねているVVFとの摩擦や屈曲部
が支障になり上手く引けないと思います。

うーん、Akimitsuさん HELP!!!

投稿: しゅうへい | 2006年10月29日 (日) 09時19分

↑の「小技」をまさに昨日、職場の配線工事で目撃しました(笑)。

投稿: Tak Saeki | 2006年10月30日 (月) 02時12分

しゅうへいさん、Takさん、毎度です。
現在、とある業者に工事の可否の検討と
見積もりをお願いしている状態です。
壁内でできるのなら、音は壁外より
多少落ちるにしても、ガゼン便利です。
毎回撤収するのは嫌になりそうですね(^^;

投稿: NAIT | 2006年10月30日 (月) 07時41分

 当方もマンションなので専用線は諦めていたのですが、リフォームせずに専用線を引けるのならば理想的ですね。結果を楽しみに待っています。

投稿: MESSA | 2006年11月 2日 (木) 00時01分

MESSAさん、コメントありがとうございます。
現在、デジカメをダウンライト穴から
内部に突っ込んで状況を調査中ですが
わりと、イケそうな気配かも。
続編にご期待ください。

投稿: NAIT | 2006年11月 2日 (木) 07時52分

がんばります!(笑

投稿: Akimitsu | 2006年11月 2日 (木) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電源予備実験Ⅱ | トップページ | 東京工業大学 »