« 10,000アクセス | トップページ | 電源予備実験Ⅱ »

2006年10月27日 (金)

Sharing / Asa festoon

Asa_1IASのようなオーディオショウでは、最新の話題コンポーネントを総ナメすることが最大の楽しみだが、いろんなブースでふとしたデモ盤に心惹かれることも多い。今回もそんな一枚に出逢うことができた。

リリースはもう数年前になるようだが、Asa festoonという神戸の女性アーティストが近年のJ-POPの名曲を彼女独自のテイストでカヴァーしたSharingというアルバムがアクシスさんのルーメンホワイトでかかっていた。

すでにご存知の方も多いだろうが、桑田佳祐の秀作「TSUNAMI」をアコギとピアノをバックに歌うシンプルな構成に惹かれた。軽やかなjazz調に仕立てる彼女独自の解釈センスにも共感できる。

UAにも似たhuskyでlow keyな彼女の息づかいが、絶妙にこのアルバムのアレンジにマッチしている。山手通りで午後のひとときのお茶を楽しむような、とてもお洒落なアルバムだ。

恥ずかしながら、荒井由美の75年の名曲「卒業写真」のカヴァーにはホロリとくる。

ルーメンで聴く美音とは若干異なるが、拙宅のティールCS2.3でも大変リアリティーあるヴォーカルが左右のSP間にぽっと浮かんだ。録音も総じて優秀な部類に入るのではないだろうか。

【2002 U's Music Co., Ltd. IRCJ-1025】

|

« 10,000アクセス | トップページ | 電源予備実験Ⅱ »

コメント

神戸市民としては応援したいシンガーですね(^^)

「卒業写真」かぁ。。名曲ですね。
NAITさんがホロリとこられたのは誰のことを思い出されたのかな?(核心

投稿: しゅうへい | 2006年10月27日 (金) 10時58分

(><)グサッ!!

投稿: NAIT | 2006年10月27日 (金) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10,000アクセス | トップページ | 電源予備実験Ⅱ »