« AREA 1 | トップページ | AREA 3 »

2006年11月 4日 (土)

AREA 2

Downlight0コンクリート梁の生活エリア側を観察してみた。都合の良いことに、廊下のダウンライト穴が梁に埋め込まれた通線パイプの出口近くに一つある。穴からデジカメを突っ込んで撮影したものだが、パイプ内部にはまだまだ電線を通す余裕がありそうだ。

ダウンライト穴から腕を突っ込むわけだが、通線作業も手探りで何とか動きが取れそうである。ただ、ケーブルの出口まで手は届かない。玄関側から長めに差し込んでおく必要がありそうだ。CV14sqになるとかなり硬そうなので、ケーブルキヤッチャーや竿などの小道具を使わなくても上手くいくかもしれない。

Downlight1同じ廊下ダウンライト穴から、LD方向に次の経路を探る。L字に屈曲した廊下をトレースするよりも、直線に進んだ場所にあるトイレ天井のダウンライトが都合が良さそうだ。天井裏の世界は、下界で見える家の構造とはかなり違うので見ているだけでも面白い。猫やネズミが「水を得た魚」になるのも分かるような気がする。

早速外して内部を観察してみた。右手奥にライトが見える。換気パイプが至るところに巡らされていてアクセスを難しくしているが、廊下ダウンライトからトイレまでは直線でケーブルを送っていけそうだ。

CVがトイレまで到達すれば、LDまではもう少しだ。

|

« AREA 1 | トップページ | AREA 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AREA 1 | トップページ | AREA 3 »