« 環境S/N | トップページ | AREA 1 »

2006年11月 2日 (木)

DIY作戦始まる

Dnlite壁内配線工事の可否と見積を問い合わせていた業者Aから返答があった。拙宅の間取りや構造を詳細に知らせたわけではなかったのだが、彼等の「勘」として、露出配線を薦められた。

業者Aの見解としては、CVも14sqになるとかなり太く取り回しが大変になること、及び建物施工後の配線へのアクセスが限られていること、が主な理由だった。確かに、バスの天井点検口から覗いてみると、配線のみならず換気パイプが縦横に伸びていて見通しも効きにくい。

マンションという形態から、あらゆる配管、配線が合理的にコンパクトにレイアウトされているようだ。お陰で作業スペースが非常に厳しいようだ。ただ、頭と片腕は入る程度の余裕はある。

しかし、露出配線は外観的な問題点が多く、既に数系統の高周波同軸をモールで屋内に敷設している拙宅では、家人のヤリダマにあがるのは目に見えている(^^;; 何としても天井・壁内を通したいところだ。

そこで、更に天井裏の調査を徹底することにした。分電盤は玄関に設置されている。何としてもCV14sqをリスニングスペースであるリビングまで10数メートル導かねばならない。廊下にはダウンライトが複数ある。これを抜けば穴から片腕は突っ込める。バスの点検口を併用すれば何とかなるかもしれない。

最終的な電気配線は有資格者に委ねるとしても、ケーブルを通すお膳立ては自宅の構造を最もよく知る私がやっておくのが確実だと思う。今回の見積もりでも感じたが、所詮は他人の家のことなので、本当に親身になって協力してくれる業者は稀だろう。彼らは楽に儲かる方を選ぶのだ。

かくしてDIY作戦が始まった。思えば、幼少のころからの工作好きで、今でも棚からインコネまで何でも自作するタチだ。マンション住まいだといろんなものが作りつけなので今までDIY熱が再燃しなかったのだが、今回の一件で意地でも通してやろうと思った。

すべては至福のサウンドのために.....

|

« 環境S/N | トップページ | AREA 1 »

コメント

完全にスイッチ入りましたね(パチパチ
羨ましいです=もう出来たかw?

投稿: KOYAMA | 2006年11月 2日 (木) 06時41分

状況は追ってご報告しますが、
若干の「切り貼り」をすれば
上手くいくかも、です(^^;

ただ、家人のいる間に堂々と家を潰す、
いや、若干の切り貼り、をするのは
不味いので、「アルカトラズからの脱出」
みたいなノリですよ(爆

通線時にはAkimitsu君を呼びます。

投稿: NAIT | 2006年11月 2日 (木) 07時58分

いきなり全部通すのではなく、少しずつ通してがんばります(笑
VVFを先に通しておいて、上手に引っぱるとか…。手はいくらでもあるのでがんばりましょう!
一部石膏ボードを切り貼りすると楽になるんですけどね~

投稿: Akimtisu | 2006年11月 2日 (木) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 環境S/N | トップページ | AREA 1 »