« バレエ音楽 | トップページ | 呼び線 »

2006年11月 9日 (木)

誰のもの?

Manshonr今回の電気配線の一件で、分譲マンション住まいのさまざまな制約を知ることとなった。専有部分と共用部分の権利義務の違いは基本中の基本としても、各戸の電気設備関連にも制約があるようだ。

例えば、契約アンペアの変更は勝手にできない。現状40Aのブレーカが設置されていて、拙宅の電気の使い方でこれが落ちることはまずないが、60Aに増やしたいとしても管理組合に諮らねばならない。

建物全体としてMDF盤を通って各戸に配電されているため、1戸だけが多く電気を摂取できるようにするのは公平に反するという理由だ。このような「形式的平等論」は疑問だ。1戸が60A取ったからといって配電設備がヘタるようなマンションでどうするのか。それに、使った電気代はその住戸が払うのだ。

住戸内の配線にまで五月蝿く言われたくはないが、各種の設備点検が定期的にやってくる。電気工事店にやってもらった配線変更でも、建物のオリジナルの仕様から大きく逸脱していると点検時にいろいろ面倒かもしれない。

もっとも、点検とは名ばかりで、仕様書と現状を照らし合わせるようなことはなく、クランプメータで漏電チェックして確認のハンコを押すだけなのだが。漏電ブレーカは一体何の為についているのか。こんな「点検」の為に管理組合が金を払っていると考えると腹立たしい。

後々の面倒は避けたいので、今回のオーディオ専用電源は既存の分電盤の空きスペースを使った1回路増設に留めることにした。この程度なら文句も出ないだろう。それでもCV14sqの効果に期待したい。

やはり私のようなタイプの人間には、押し着せの住宅はいろんな点で欲求不満が募る。いっそのこと、趣味が「本の虫」だったら、さぞ快適な住まいだったであろうに。

まぁ、まずは目先の改善だ(笑 明日CVが到着し、週末に電気工事店が配線をやってくれる段取りだ。通線はそれまでに自前でやっておくことにした。普通の電気工事店なので、現場でいきなり14sqのトグロを見せても困惑されそうだから(^^;

|

« バレエ音楽 | トップページ | 呼び線 »

コメント

うちにはそんな点検とか来たことがないですね…。
契約A数も組合通さずに勝手にあげましたw
東電の人も何もいいませんでしたよ。

投稿: lmst | 2006年11月 9日 (木) 14時50分

管理会社や組合によるのでしょうね。
拙宅の場合は定期点検が管理サービスに
組みこまれているようです。

契約アンペアの話は、建前論の部分も
あると思いますが、建物のキャパもあるので
みんなが大量に電気を使い出すと
困る場合を想定しているんですかね。

投稿: NAIT | 2006年11月 9日 (木) 15時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バレエ音楽 | トップページ | 呼び線 »