« 家族の理解 | トップページ | SONYの呪縛 »

2006年11月15日 (水)

妄想配線

CVが開通したのは嬉しいことだが、にわかに仕事が忙しくなり、未だに新生システムの第一声を聞くことができない。世の中とは皮肉なものだ。

このような状態で次のことを考えるのも時期尚早だが、CVから機器への供給部分は皆さんどのように処理されているのだろうか。CVをリスニングスペースまで通されている方がどのくらいいるかよくわからないが、教えていただければと思う。

壁コンという形でスタートしたものの、壁からCV直出しで電源タップBOXに導くという意見もあるだろう。電気設備のルール的には、壁から直出しはいけないと聞いたことがあるが、実際マニアは何でもやってしまうのであまり気にしていない(^^;

幸い、壁の中で14sqには余裕を持たせてカーブさせているので、直出しで引っ張る程度の長さは十分にある。壁コンという余計な接点を排除できるのだから、音質的には良さそうだ。

Padただ、機器への供給にはタップで分配せざるを得ないので、その分の変化の因子は考えねばならない。しゅうへいさんが私を「人柱」にしようとプッシュしておられるPADのコンセントCyroMag-SSD2などはCP比的に面白そうだ。自作BOXに組み込んでみようか。

その先のケーブルは音質的には何が良いだろう。極太銀を介在させた方が良いのか、それとも、同じCVで電源ケーブルを作るのが本筋なのか。。。。

妄想は膨らむ一方だが、まずは目先の雑事を済まさねば。。

|

« 家族の理解 | トップページ | SONYの呪縛 »

コメント

私の経験から言わせていただくと、
CV線はブレーカー直結だといいんですが、なぜか
タップ(コンセント)を介すとレンジの狭い音になりました。
8sqあたりの細い?ので一度試されてはどうでしょう?

投稿: しゅうへい | 2006年11月15日 (水) 04時55分

それはCVの両端にプラグを装着して
電源ケーブルとした場合、ですよね?
やはり機器に近くなるにつれて
ケーブルの影響は大きくなるという
ことですかね。
数百円@メートル、はやっぱり甘いか(笑
現実は非情ですね。

投稿: NAIT | 2006年11月15日 (水) 07時10分

私は壁から3.5sqを直だしで、千曲の自作用boxに
アクセ店のAc-silver1を装着しています。
boxにインレットは付けずに壁コンに直結です。

壁コン、boxのセッティングなどで音質が変化するのは
当然としても、ネジ1本で変化する怖い世界です(^^;

以前は木製の自作boxなども使ってましたが、やはり
美しいけれど下が甘い音でした。
妄想ですが、漏電ブレーカーなども金属ケースに入れて
セラベースかましてやりたいです(^^;

投稿: kimukou | 2006年11月15日 (水) 12時27分

ども。

使ってない新品の分電盤とか、藤倉8sqとか22sqとか・・・、いろいろありますけど要ります???(商売人www)

投稿: hide。 | 2006年11月15日 (水) 12時56分

kimukouさん
とりあえず壁から直出しのCVをプラBOX+明工社
(Naokさん仕様)に直結という感じで
始めてみます。チタンビスとかはまた後日(^^;
RC関連にも首を突っ込んでますので、
イッパツ調達できます。おうでぃお用は馬鹿高い!

投稿: NAIT | 2006年11月15日 (水) 14時48分

師匠、満を持してご登場、ですねw
あまり荒らさないでね♪

投稿: NAIT | 2006年11月15日 (水) 14時49分

私は開放感を出すために、コンセントBOXはプラスチック製でコンセントカバーを取り付けていません。安全上と見掛け上あまりよろしくは無いですが・・

投稿: clef | 2006年11月16日 (木) 19時21分

clefさん
Akimitsu邸もそのパターンでしたね、確か。
仰るようにカバーは鬼門だと思います。
私はその部分にチークを使うことで
解放に近い効果が得られることを知りました。
取り付けネジの材質までは不勉強ですが(^^;

安全上の問題はないのでは?
感電する部分に触れることはないですし、
液体がかかればカバーしてたって
大して変わらないでしょうw
取り敢えずコスト的に失敗してもOKな
ブラBOXで始めてみます。

投稿: NAIT | 2006年11月16日 (木) 19時33分

取り付けねじはチタン推奨で(ぉ
プラボックスと壁コンのフレームの間にチタンのワッシャを噛ますのがミソだったりします。

真鍮も今度試してみますね~

投稿: Akimitsu | 2006年11月16日 (木) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家族の理解 | トップページ | SONYの呪縛 »