« 誰のもの? | トップページ | CV14sq到着 »

2006年11月10日 (金)

呼び線

Tusen1_1呼び線としてナイロン紐を10数メートル用意。左は3.0φアルミ線。ただしニラコ製ではなくダイソー製。

これで手の届かない所に自由な形を作って呼び線を通していく。

.

Tusen2 玄関近くのクローゼットの天井開口部からAREA 1のコンクリート梁に埋め込まれた通線パイプに呼び線を通す。アルミの先端に紐をテープで巻いて固定して通していく(写真は呼び線を通した後で、アルミは抜いた状態)。

.

Tusen3_1反対側のAREA 2から線が出てきた。ダウンライト穴のちょうど真上にアルミが通ってくれて非常に助かった。

.

Tusen4 一気にトイレ天井まで通線。トイレのダウンライト穴から一時的に紐を出しておく。

ここからの作業はしばらくトイレの中となる。

.

Tsusen5_1難関のAREA 3。釣竿とテグスを使って錘をパイプスペースに落とし込まねばならない。釣道具もまさかこんなところで使われるとは思わなかっただろう。ダウンライトに腕を突っ込むと内部が見えないので、動かす度にデジカメで状態を確認。どうやら適当な位置に竿の先端が来たようだ。

.

Tsusen6 スルスルとテグスを送っていくと錘が下りていく。

前もってLD側から新設コンセント部の石膏ボードを開口しておいた。サイズは100x50くらいで、手が入らない。切断にあたっては間柱センサを使って非破壊検査を実施し穴の位置を決定。

開口部からパイプスペース内部の状態を確認。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

Tsusen7ここでもアルミが活躍。先端をフック状に曲げてパイプスペース内で錘を引っ掛けてタマ摘出。

.

.

Tsusen8テグスの端と呼び線をトイレ内で結び、さらに引き出す。紐が顔を覗かせた。これで玄関からLDまで、1本の線が通った。

|

« 誰のもの? | トップページ | CV14sq到着 »

コメント

すごい! かっこいいです。
なんか簡単に書いてあるけど、
実際はけっこう大変だったと思います。
うちでは、壁内配線の時は5mの金属メジャーが
大活躍してくれます。
ともかく、通線おめでとうございます。

投稿: びーぐる | 2006年11月10日 (金) 01時11分

キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!

CV14sq通すのがんばりましょうね!
いつでも呼んでください。

投稿: Akimitsu | 2006年11月10日 (金) 01時24分

びーぐるさん、ありがとうございます。
こういうのを「カッコイイ」と感じる時点で
既に普通の人とは人種が違うのかなぁって
思います。私もこういうのゾクゾクします^^

投稿: NAIT | 2006年11月10日 (金) 10時03分

Akimitsuさん、エールありがとう!
14sqは既に手元にあるんですが、
何と言うか、まぁ、工場が部屋に来た
感じですね(爆
早く天井に入れてしまわねば....

投稿: NAIT | 2006年11月10日 (金) 10時06分

いやいや、いつもながらの周到な準備と
創意工夫の数々、感動しました!!(^○^)//

高倉健さんの「海峡」の青函トンネル貫通時に覚えた
感動がよみがえりました(フルw

14sqと先導線を接木した部分の拡縮段差をテーピング
で滑らかな台形円錐状にしておくと通りがいいと思います。
Akimitsuさんならもっといいワザ知ってそう?

がんばってください!!

投稿: しゅうへい | 2006年11月10日 (金) 12時55分

しゅうへいさんの大昔の記憶を
蘇らせてしまいましたか(^^;;

投稿: NAIT | 2006年11月10日 (金) 16時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 誰のもの? | トップページ | CV14sq到着 »