« 100 | トップページ | オーディオ的・師走 »

2006年11月30日 (木)

SACD

SACDがデビューしてからもう何年も経つが、一般にはなかなか普及しないようだ。一方、本格的オーディオの世界ではかなりハイスペック・フォーマットは浸透してきた感がある。

遅れ馳せながら、拙宅にもやっとSACD(2ch)が聴ける環境が整いつつある。もともとDACのDeliusはDSD信号の処理は可能なのだが、著作権保護の要請から、同じdCSの転送規格で送られたDSD信号しか受けられない。このため、長らくCDしか再生することができなかった。

宝の持ち腐れとはこのことだ。

Lascala_1そんな中、ティール仲間の某氏がdCS Verdi La Scala を手放されるというので、こちらで引き受けさせていただくことになった。Verdi→Delius というDSDラインがようやく構築できることになる。

氏にはこの場をお借りしてお礼を申し上げたい。非常にコンディションの良い個体をお譲りいただいた。ただ、拙宅にお目見えするのはもう少し先になるのだが。

これまでも何人かのお宅でSACDを聴かせていただいたことがあるが、傾向としては誇張感のない良質な「普通の音」のようである。

拙宅の現状の組み合わせであるP-70+Delius でも「素の音」を目指してきているつもりだが、Verdiとどのような違いが出るのだろうか?機器の違いや追い込みで、CDはSACDの理論的優位を打ち破れるのか?

また、CD自体の再生音がP-70とVerdiでどう違うのかも興味深い。デジタル信号の伝送方式でも違うだろうし、当然ケーブルでもコロコロ変化すると予想される。また新たな悩みの種(いや、ネタと言うべきか)が舞い込んで来た(^^;;

当面はセラベース武装したP-70とVerdiのツートップ送り出しで拙宅のサウンドは推移する予定である。勝敗がつくかもしれないし、つかないかもしれない。難しい判断を迫られる事態になりそうな予感。。。

|

« 100 | トップページ | オーディオ的・師走 »

コメント

NAIT先生!

クロックとPCオデオが待ちかまえていますよ!w

投稿: Akimitsu | 2006年11月30日 (木) 02時06分

ほぼ新品といって差し支えない良品でしょう。

元オーナーもNAIT氏に引き取って頂いたことを
とても喜んでおらます(^^)

どのように料理されていくのか興味津々です!

投稿: しゅうへい | 2006年11月30日 (木) 12時40分

Akimitsuさん

自分はPCの方にはいかないつもりです。
つ・も・り、ですw
外部クロック同期は試してみたいですが。

投稿: NAIT | 2006年11月30日 (木) 18時51分

しゅうへいさん

Verdiに食われないようにと
今から戦々恐々です
((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

投稿: NAIT | 2006年11月30日 (木) 18時55分

ヴェルディですか!おめでとうございます。
ちゃんとした計画を練られているようですね。うらやましいです。

投稿: ふら | 2006年12月 1日 (金) 15時36分

ふらさん

妄想を現実にするには
労力が要りますよね!w

投稿: NAIT | 2006年12月 1日 (金) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 100 | トップページ | オーディオ的・師走 »