« 妄想配線 | トップページ | 地獄の14sq末端処理 »

2006年11月16日 (木)

SONYの呪縛

Ps3先週末、SONY PlayStation 3 が国内発売された。DVD不具合の影響もあり、出荷数は限定的で、全国どこの販売店でも瞬く間に完売。次回入荷は未定で、数ヶ月は入手できないようだ。

実は、私はSONY製品のファンである。大人げないかもしれないが、PS2もPSPも持っている。もちろん、子供のように四六時中プレイすることはないが、糞ゲーから最新タイトルまで気に入ったものをツマミ食いしている。

SONYブランドの「呪縛」かもしれない。オーディオでは80年代にESシリーズの2ラインから7ラインまで、いろいろ世話になった。後に国内オーディオ業界の状況が惨憺たるものになるとは想像できなかったが、サンスイのアンプと並んでソニーESラインはひとつのステイタスであった。

拙宅では今でもテレビから短波ラジオまで、SONYのロゴが見える。

もっとも、オーディオでは特定ブランドを盲信するアプローチからはすっかり覚醒したと思う。代わりに別のブランドの呪縛に捕らわれたと言われれば身も蓋もないが、あらゆる製品を視野に入れた上で、活き活きとした音楽を奏でてくれる装置や使いこなしを追求する姿勢に揺らぎはない。

時に「音楽性がない」「ソニータイマー」などと揶揄されるが、S・O・N・Yの4文字の醸し出すオーラはとてつもなく大きい。実際、SACDの初機種となったSCD-1は今も記憶に新しいし、現行デジタルアンプTA-DR1aは、常に横目に気にかかる存在である。

ただ、次に購入するSONY製品は、恐らくPS3だろう。SACDも再生可能だ(笑

|

« 妄想配線 | トップページ | 地獄の14sq末端処理 »

コメント

Sonyの業務用スピーカはすごいですよ!
あのパワーあふれる鳴り方に惚れ込んでしまいました。

PS3はLinuxをインストールしてネットワークでつないで、お手軽スーパーコンピュータとして使えたらいいなぁ~と思います。

ちなみに、うちのオデオのリファレンスは何十年も前のSonyのラジオです(爆

投稿: Akimitsu | 2006年11月16日 (木) 20時02分

80年代のソニーは、確かに魅力的な商品が多かったと思います。
Gシャーシや光学固定ピックアップ・変心インシュレーターなど
発想も、コストのかけ方も大変素晴しく、今でも中古市場で見かけると
立ち止まってしまいます。

投稿: VIPROSKING | 2006年11月16日 (木) 21時55分

SONY業務用ですか、聴いたことないなぁ(^^;
気にしたことがないだけかもしれませんが。
SONY Studioのケーブルは確かにパワフルです。

投稿: NAIT | 2006年11月16日 (木) 23時00分

VIPROSさん、毎度。
サイドウッドでがっちり挟まれて
カクカクしたフェイスだった頃の
5ラインと7ラインが憧れでした。
自分で木を切って2や3につけたりとかw

投稿: NAIT | 2006年11月16日 (木) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 妄想配線 | トップページ | 地獄の14sq末端処理 »