« 密度=\? | トップページ | 日本的クリスマス »

2006年12月24日 (日)

開けるか、閉じるか

Meオーディオで音楽鑑賞するとき、目を開けて聴くのと閉じて聴くのとでは印象が違うと感じることはないだろうか。さらに言えば、電灯をつけるか消すか、そこで目を開けるか閉じるか、という組み合わせも出てくる。

以下は完全に自分の主観である。私は目を開けたほうが解像度が高く感じるし、音場も広がるように思う。これとは逆に、目を閉じて聴くと作品の深みや情緒のようなものがより感じ取り易くなるようだ。

心理的なものだろうが、理由はわからない。視覚があると脳が覚醒するのだろうか。私のようなズブの素人では考慮すべき因子もわからないので難しいことは止めた。

一般には、じっくり聴き込むには「目蓋を閉じて」音楽と対峙するのが定石かもしれないが、これは前記に当てはめると深みを求める場合だろうか。

ということは、ジャンルや気分によって目蓋の開閉という使い分けも可能だろう。カラッツとしたフュージョンには「開」が似合うし、しっとりした弦やヴォーカルには俄然「閉」がハマるはずだ。

日中聴くのと、夜に照明をグンと落として聴くのと似ているかもしれない。知らず知らずのうちに、人は自ずと音楽とのかかわり方を身につけてきたのかもしれない。

|

« 密度=\? | トップページ | 日本的クリスマス »

コメント

僕も以前から同じことを考えてました。

拙宅に招いた多くのお仲間はほとんどが目を開けて
聴かれていたように記憶しています。

僕は音楽に集中すると目を閉じてしまいますね。
その方が定位感とかが把握しやすいし、アーチストの
演ってることとかを想像しやすいからです。

部屋の明かりも同じ理由で落とし気味の方がいいですね。
ただ真っ暗っていうのはアブナイですがw

投稿: しゅうへい | 2006年12月24日 (日) 08時42分

同じく、目を閉じる派です。
でも、周りのお仲間を見ると、皆さん、目を開けてますね。

どちらの派に属するかは、個々人の過去の音楽体験・オーディオ体験に因って決まったりするのでしょうか?

ヘッドフォンで聴くときは、皆さん、どうなんでしょう??

投稿: まんぺい | 2006年12月25日 (月) 00時51分

ご両人、どうもです。
目を閉じると、かなりの確立で
睡魔に襲われませんか?w
CVの音はどこか眠気を誘いますね。
ブイブイなのですが、耳ざわりは
決して刺激的とも思わないですね。

投稿: NAIT | 2006年12月25日 (月) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 密度=\? | トップページ | 日本的クリスマス »