« オーディオデザイン考 | トップページ | 浪速的オーディオ »

2006年12月29日 (金)

元箱

Danbolオーディオ機器の元箱は皆さんどうされているだろうか。機器が増えるにつれ、あるいは高額化するにつれ、梱包材の問題は看過できないものになる。家の収納も都心近郊では限られているので、さまざまな工夫が必要だ。

元箱には二つの意味があるように思う。第一はリセール時の付加価値、第二は輸送時の安全確保という本来的な役割である。

賛否両論あると思うが、日本人の梱包好きは世界的に揶揄されるほどだ。ヤフオクなどでもオリジナル梱包に拘る人は多いし、実際受け取っても限りなく新品に近いほうが気持ちよいのは偽らざるところだ。自分のような綱渡り的な買い替え派にとっては、元箱による+αは馬鹿にはできない。

一方、オリジナル梱包材、中でもウレタンフォームは機器の形状にフィットするように成型されているので安全輸送には欠かせない。リセールには発送が付き物なので、ここでも元箱の保管は鍵となろう。

それにしても高額機器の梱包はヤクザな大きさだ。二重箱や木枠の補強材などは序の口である。もっとも、リッチマンは家も広いので梱包の問題は相対化されるだろう。そのまま倉庫にポン、というのが理想的だ。

拙宅ではダンボール箱はフラットにたたみ、フォームと別個に保管している。ベッド下、天井、壁面家具と壁との間などを利用して何とか収めているところだ。お陰でCS2.3からP70に至るまでかろうじて元箱が収納できている。

困ったのはVerdi La Scalaだ。アルミケース入りなのでたためない。しかもデカイ。どうしようもない。。。。

|

« オーディオデザイン考 | トップページ | 浪速的オーディオ »

コメント

 私も箱が捨てられません(_

投稿: MESSA | 2006年12月29日 (金) 11時59分

MESSAさん、どうも。
Jeff Model10の箱は腹立ちますよw
モノは小ぶりな方ですが、ウレタンが
いっぱいで二重箱だし、有り難いのやら
迷惑なのやら。。。
その点、MSBは合理的でしたw
ウレタン少しと汎用ダンボール箱でした。

BW N801の巨大な梱包材はそれ自身が
オークションで出ているのを見たことがあります。

投稿: NAIT | 2006年12月29日 (金) 18時46分

 捨てられない身としては、箱は梱包材が必要最低限で小さい物がよいですね。

BW N801の巨大な梱包材はそれ自身が
オークションで出ているのを見たことがあります。

 コレは凄いですね。売れたのでしょうか?下手をすると送料の方が高くつきそうです。実は私も、N802のバカみたいな段ボール+木箱を捨てられてないんですよね。あまりの存在感に、捨てるかどうするか本当に悩んでます(_

投稿: MESSA | 2006年12月29日 (金) 19時10分

ごぶさたです。
元箱はうらめしいです。
うちの屋根裏部屋の度重なる改装(増床?)の半分くらいは
この元箱群のせいです。
ゾーセカスのラックの元箱とかバルコの3管プロジェクタの元箱
とか、50インチのプラズマテレビの元箱も常軌を逸した大きさで
屋根裏部屋のすごいスペースを占有しています。
あ、YGのスピーカの元箱は鉄箱でそれ自体が数十キロある
体育の授業の跳び箱サイズです。屋根裏部屋に入れるだけでも
死ぬ思い…でした。捨てられんしなあ…。

投稿: びーぐる | 2006年12月29日 (金) 19時12分

MESSAさん
801の梱包はたぶん2万はしたかと思います。
落札されたかどうかは見届けませんでした。

びーぐるさん
相変わらず凄いですね(^^;;
YGは箱もメタルでしたか・・・
買えないけど、買えても買いませんw

投稿: NAIT | 2006年12月29日 (金) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーディオデザイン考 | トップページ | 浪速的オーディオ »