« 精密模型 | トップページ | オーディオデザイン考 »

2006年12月27日 (水)

食いつき

Neutオーディオケーブルを語るとき、「食いつき」という表現がしばしば見受けられる。ケーブル端子が機器側のインレット端子にしっかりフィットするかどうかで再生音のニュアンスが結構変わるので、音質改善のポイントとして重要視されているわけだ。

経験から言えば、食いつきの強さは音場空間の立体感の向上に効くようだ。音のエッジのニュアンスが繊細になり、空間感が出てくる。セッティング一般にも言えるかもしれないが、端子の固定は予想以上に効くので、電源BOXとケーブル端子をタイロッドで縛る「SMオーディオ」を実践する人もいる。

しかし、過度な固定強度は機器を壊してしまうこともある。昨今のハイエンドケーブルは硬く重いので、端子の結合が密になればなるほど機器のインレット端子を固定する個所に負担がかかる。何事も過ぎたるは・・・である。

インターコネクトにおいても、RCAのNeutrik Profiなどはかなり強烈な食いつきなので、長期の使用で受け側がぐらつくことも多い。機器側のRCAメスが数個一組で基板から立ちあがっている廉価タイプでは心許ない。各々が背面パネルを挟む形でネジ止めされていることを確認したい。

また、これもやってしまうマニアが多いのだが、過度のネジトルクにも気をつけるべきだろう。適性トルクに関する技術資料をいろいろ斜め読みすると、意外に適性値は低いものだ。少なくとも、オーディオマニアはヤリスギのきらいがある。スピーカーケーブルのバインディングポストのナットの締め過ぎでネジ山を破損してしまうのは典型だろう。

スピーカーユニットのトルク・アラインメントは再生音に非常に影響するようだ。トルクレンチを使ってきちっと適性値に統一することでバシッとフォーカスが合うそうである。自分は残念ながらまだ調整していない。怖くてやっていないというべきか(^^;;

|

« 精密模型 | トップページ | オーディオデザイン考 »

コメント

スピーカーのビス類は、取り合えずで良いから、6角で軽く確認したほうが良いですよ。私の場合、気づいた時には緩んでいて、ガタガタのネジが1本ありましたから・・・

投稿: VIPROSKING | 2006年12月27日 (水) 12時48分

VIPROSさん
お体もピンピンのようで良かったですね(謎
仰るようにレンチで軽く確認しておきます。
グラグラだと実も蓋もないですからね。

投稿: NAIT | 2006年12月27日 (水) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 精密模型 | トップページ | オーディオデザイン考 »