« 大人のオモチャ | トップページ | 刺客@100VAC »

2006年12月 4日 (月)

ここだけの話...

Platinum例によってまたPt線を仕入れた。高価なので一度に少量しか買えないのが難点。

何に使うかは、内緒。

自作も市販の切り売り線を端子とアセンブルする程度だと好きな話ができるのだが、コアな自作話はインターネットというオープンな環境ではなかなかやり辛く、歯がゆい思いをすることも少なくない。

今回の製作の基本的なコンセプトは、軽量化と取り回しの容易さを確保しつつ、キワドイ音質を狙うものだ。

また追々お話できればと思う。

・・・

この話とは関係ないが、バイワイヤー対応のスピーカーをお使いの方は、一度0.7φ程度のPt線を少し購入して「ジャンパーワイヤー」として試されることをお薦めする。その辺の市販ジャンパーはもちろん、大抵のバイワイヤー接続でも対抗できないと思う。

0.7だと10cmで\10,600だから、5cmでターミナル直結できるとして2本で\21,200だ。これでもう逃げられない(笑

幸いThielはシングル接続なので、私はこの虜にならずに済んだ。

|

« 大人のオモチャ | トップページ | 刺客@100VAC »

コメント

うわーやりたいw<Ptジャンパー

投稿: lmst | 2006年12月 4日 (月) 12時18分

連投で恐縮ですが…。
φ1.0mmとφ0.7mmではどの程度違うものでしょうか…。
やっぱり絹巻きしたほうがいいのかなぁ…。

夢が広がりますねぇ^^
(手間がかかりそうだという不安もややありますがw)

投稿: lmst | 2006年12月 4日 (月) 12時27分

径の差はどうでしょうねぇ~
一般には太い方が、、と言われますが。

Ptを折らないようにスペード端子を
改造して上手く工作する必要があると思います。
太いと折れないくらいガチガチかも。

おーい、経験者出て来~いww

絹巻きはやった方がいいですね。
数センチなので和紙絹でも楽です。

投稿: NAIT | 2006年12月 4日 (月) 12時31分

EclipseはSPのターミナルが底面に密集していますので,WBTのYラグ等は使えないんです…。
逆にこの状況を生かしていく方法がないかなぁと悩んでいたのですが,筋道が見えた気がします。

KS9035よりいい感じになりそうだなぁ…。

投稿: lmst | 2006年12月 4日 (月) 12時44分

いっそのことPt「棒」を貫通させますかw
SP端子の穴を一直線に揃えてね。
物性は非常に安定していますから
Agのように表面が黒ずんだりもありません。
精神衛生的にもイイカモ

投稿: NAIT | 2006年12月 4日 (月) 16時12分

Eclipseはねじ止め方式なのですが,それぞれの端子の間にはプラスチックのガイドがあります。ですから,一直線は厳しいんじゃないでしょうか…。

でも,10cmあったらなーんの問題もなく方ch分は供給できてしまうような距離なんです。そもそも付属のジャンパー線はこれでもかと言うほど頼りな~い細いものでした…。

うーん。3Nφ1.0mmと3Nφ0.7mmの他に,5Nφ0.5mmなるものもあるので,困っちゃいますね。

投稿: lmst | 2006年12月 4日 (月) 17時02分

はい、経験者です(笑
0.7φのPt線は、3φ銀単線をジャンパーに使うよりも帯域の伸び、情報量、音のキレ共に上回っていると感じました。1φと0.7φは比べていないので分かりません、しかし、きっといい音がするだろうとは思います。
lmstさんやってみませんか?
注意点としては、注文するときと切るときはよく長さを確認してください。ちょっと足りなくて使えなかったらシャレにならないですからね。

投稿: clef | 2006年12月 4日 (月) 21時49分

おーい、経験者出て来~いww

呼びました?(^○^)

スピーカーケーブルはNAIT製絹巻き3mm銀単線で、ジャンパーは
0.7mmプラチナです。

プラチナ線は5cmを4セットで、被覆なしの裸線のままです。
時々アニーリングして無水アルコールで磨いてます(危!

色々やって結局ここに落ち着きましたね。
実はこの部分が拙宅のシステムの音の要だと思っています。

投稿: しゅうへい | 2006年12月 4日 (月) 23時51分

おぉ、結構ユーザーいるじゃん、
って身内ばかりw

投稿: NAIT | 2006年12月 5日 (火) 00時00分

皆病気だよぅ(涙

投稿: mui | 2006年12月 5日 (火) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大人のオモチャ | トップページ | 刺客@100VAC »