« プロフェッショナリズム | トップページ | Now & Then »

2007年2月 8日 (木)

雛人形

Hina3月3日まではまだ早いが、拙宅ではすでに雛人形を飾っている。本来は節分が終わった後から飾って雛祭りが終わるとすぐ片付けるのが流儀のようである。

雛人形といっても、最近は買う人は減っただろう。拙宅のものも家内が小さいときにおじいちゃんおばあちゃんに揃えてもらったのを二世代使っている状態である。私の実家は野郎ばかりなので、こういうものとは縁が薄かった。逆に今更ながら新鮮だ。

モノは古めかしい部分もあるが、各々の存在感は十分でパーツも昔ならではの良質な素材を使っているようだ。最近のものはもっと簡素な作りになっているのかもしれない。

残念ながら、今のマンション住まいでは全ての人形や小道具を飾る場所はない(^^;  百貨店などで展示してある数十体のフルセットなど誰が買うのだろうか?

オーディオシステムをどければ多少は入るかもしれないが、論外である。なので、メインの二体を中心として若干の小道具だけを飾っている。日本の伝統文化が廃れるのは寂しい気もするが、生活環境がこれではいたしかたあるまい。

文化論はさておき、陳列している位置がちょうどSPの一次反射スポットなので、拡散という意味では良い方向に働いているようだ。斜めに展開する屏風がミヤビな音響パネルとなる(笑

眼前のバスタオルかけとあいまって、ますます所帯染みたリスニングスペースになりつつあるようだ(--;

|

« プロフェッショナリズム | トップページ | Now & Then »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロフェッショナリズム | トップページ | Now & Then »