« 剽窃 | トップページ | インフルエンザ »

2007年2月22日 (木)

紙一重

Wasi_1久々に機器のセッティングを詰めてみた。キ-ワードは「紙一重」。

コンポーネントの設置の際に重要になるのがガタ取りだ。折角の堅牢な床やラックも、機器の足にグラツキがあるようでは台無しだ。

拙宅で活躍しているのが、紙そのものである。以前にも申し上げたが、いろんな和紙を使用している。紙の質で音が違うとまでは思わないが、折角なので雰囲気の良い手漉き和紙を好んでガタ取りに使っている。

4点支持の場合にはドンピシャで全ての足が密着することはないと思ったほうが良い。この場合は3点の方が精神的にスッキリするが、地震に対する安定性の問題や音質的にどうしてもいたずらに解像度を追い込むような格好になってしまう。

私も一時期は好んで3点を試みていたが、最近は構造的にも音質的にもズッシリ安定感のある4点に移行している。SPはまだ3点だが。

4点支持では必ず1つの足にガタが出るので、そこを和紙で微調整する。ショーモナイ小手先のテクに思われるかもしれないが、安定するポイントは紙一重のサジ加減でやってくるので、職人的な能力が求められるだろう。

セラベースのような豪勢なインシュになると、ネジ式で高さが微調整できるようになっているので便利この上ない。お陰でDeliusは常にベストの安定感で棚板に接触できているようだ。

結果としての音質だが、それも紙一重かもしれない(^^; 完全にガタを取った場合とそうでない場合の再生ぶりが白黒逆転するような変化であるはずはない。しかし、オーディオ鑑賞という微妙なテイストを味わう趣味において、紙一重の差は限りなく重い。

|

« 剽窃 | トップページ | インフルエンザ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 剽窃 | トップページ | インフルエンザ »