« 通勤 | トップページ | 紙一重 »

2007年2月21日 (水)

剽窃

Pacご説明は必要ないかもしれないが、剽窃とは「ひょうせつ」と読む。他人の著作を盗用したりパクルことだ。

インターネットがここまで社会に浸透すると、誰でも無限の情報にいとも簡単に接することができる。今までは情報発信機能を独占していたニュースメデイアという存在も逆にネットでいろんな情報を収集する現状である。

最近、特に大手新聞社のコラムや記事表現で剽窃が問題化しているようだ。自分も同じ業界にいるので、毎日違うネタを延々と書くのが大変なことは重々承知している。だが、越えてはならない一線があるのは当然である。

剽窃の問題はメディア企業に限ったものではない。このような個人のブログについても同様の事が発生する。個人だから大目に見る部分が大きいと思うが、どこかからわからないようにネタやアイデアを「拝借」することは十分ある話だ。

法の専門家ではないが、かなりの幅でパクリにはグレーゾンがあるように思う。コピペは論外としても、その人でしか接し得ない情報をあたかも自分が見たかのように書くのもアウトだろう。しかし、考え方や発想のパクリを証明するのは結構難しいのではないか。

この「ファイン・ライン」については、発想から文章の推敲までNAITオリジナルであるとキッパリ申し上げたい。他の方のブログから発想を拝借することはない。別に義務でやっているわけではないのだから、大いにオーディオ趣味を楽しみたいと思っている(^^) 最近忙しいですが.....

お堅い話になりましたが、ご容赦を。

|

« 通勤 | トップページ | 紙一重 »

コメント

以前、かの(問題)ギタリスト、イングヴェイマルムスティーンが
他の方の作品のカバーアルバムを作った時に、
「カバーアルバムじゃない、あくまでもインスピレーションアルバムだ」
と言っていましたね。
グレーゾーンというか . . . それはただのカバーだろ!と思いました(笑)
ファンからもそう思われるぐらいなので興味の無い方から見たら
100%カバーアルバムという位置づけでしょうね。
難しいものです。

あ、僕の新スピーカーはウィルソンオーディオに敬意を表したものです。
パクリじゃありません(--;) . . . とか言ってみる。

投稿: UENO | 2007年2月23日 (金) 23時49分

UENOさんのアレは......ww
いや、David Wilson氏も気に入ってくれるカモ?

投稿: NAIT | 2007年2月24日 (土) 00時54分

シャレで済ませてくれたら良いんですが
訴えられたらまずいので気づかれないようにするのが一番ですね(笑)

まぁ海外ではセンティネルを作ってる方もいらっしゃいますし、
訴えられることは無いでしょう(^^;)
http://home.wanadoo.nl/e.van.voorst/ProjectSpeakers.htm

投稿: UENO | 2007年2月24日 (土) 10時46分

著作権法が保護するのは表現自体ですので,アイデアは著作権法では保護されないのが,落とし穴なんですよね。
アイデアを保護するなら,特許法か実用新案法によるしかないわけで,デザインを保護するなら意匠法によるしかないわけです。

ちなみに,著作・特許・意匠の世界で,ぱくりかどうかをああだこうだいうのは非常に大変です。特許関係の事件を扱う事務所が限られているのは,かなりマニアックな世界だからということもあります。

投稿: lmst | 2007年3月 5日 (月) 14時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 通勤 | トップページ | 紙一重 »