« AC電源化 | トップページ | ショック療法 »

2007年12月11日 (火)

ハイテクとローテク

20071210_deng1ラック最上段が激しくローテクな状態です(爆

「電源くん1号」が組みあがりました(笑

.

ご紹介するのもはばかるレベルの整流回路なので説明は不要でしょう。見たままですw

パッと聴きではバッテリードライブより力感が良いですね。低音のインパクトを語る際に必ず話題になる「地に足の着いた感覚」が向上しています。セオリー通りというところでしょうか。

セオリーといえばS/Nはやはり電池駆動に軍配が上がるようです。でも電源くん1号も悪くないです。取り立ててノイジーな感じはしませんし、まずは力感メリットの方が大きいとも思います。

長時間通電でも電圧が気にならないのも大きなメリットですね。でも現状ではS/Nでバッテリーには敵いませんから改善が必要です。改造ポイントは何でしょう?AC自体の質かな.....

ところで、折角の自作ですから何かアホなことをやらねば面白くないと思い、トランス2次側以降の配線をすべてガラスチューブに通しただけのPt裸線としました(爆 プリント銅箔と端子コンタクトは除きます。アンプへのDC接続ケーブルもソレ系ですw

「羊の皮を被った狼」あたりを狙ってみました。なかなかアヤシイ音が出ていますw

|

« AC電源化 | トップページ | ショック療法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AC電源化 | トップページ | ショック療法 »