« 地獄の鉄工 | トップページ | 味見はOK »

2008年1月 9日 (水)

ハァ~しんど。

20080108_ac地獄の真鍮加工と基板への部品実装も終わりました。やっとU07Nを使った「電源くん3号」ができました。トランス部やケースはまだまだバラック状態が続きそうですが、±12Vの電源ユニットとして使いまわしが利きます。

中華人民共和国製の廉価メーターMASTECHで測定したところ±12.0X vというところでしたのでOKとしましょう。それにしても人民製の「お試し電池」は必ず数十秒で干上がる絶妙の残量設定だこと(爆

音はどうでしょうか。まだ本格的には聴いていませんがSBDよりはヤワイかもしれませんね。リカバリの速さや電圧降下などスペック的にはきっといろんな点で劣ると思いますが、そこがオーディオの難しいところで、メリットとなるかデメリットとなるかはトータルで考えましょう。

既にdCSやThielでかなりのところまで解像度方面は来ていますので、これ以上闇雲に追い求めても、という気がする昨今です (^^; でも仮に正しいものを正しくなくすることでアンビエンスを求めているとすればそれもいかがなものか、ですね.....難しい.....

優秀なElgar plusの音量調整機構にワザワザ自作プリをカマすあたりにも、そのような心境の変化があるのかもしれませんね(ボソ

|

« 地獄の鉄工 | トップページ | 味見はOK »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地獄の鉄工 | トップページ | 味見はOK »