« SDIF-2再来 | トップページ | 箱モノ »

2008年1月20日 (日)

道具にこだわるタチ

20080120_fe手持ち電気ドリルを応用した金属板への穴あけ加工は作業性が非常に悪いので、もっと楽な設備が欲しくなりますね。すぐに何か仕入れる予定はないのですが、それとなくいろんな製品が気になる今日この頃。

個人のホビーレベルで使えるものでもボール盤はおろかフライス盤まであるんですね。当然ある程度の物量が投入された機械でないと精度や使い勝手は落ちると思いますが、それにしても便利ないい時代です。

穴加工だけなら卓上ボール盤で十分ですが、どうせなら面引きもできると部品がきれいに作れますね。電子パーツのみならずメカニカルな部分も自分でいろいろ弄れるとアンプ作りの楽しさ倍増ですね。

有名で割安なのはProxxonあたりかもしれませんが、大判写真機「トヨビュー」でも知られるサカイマシンツール製や寿貿易扱いのものが気になります。ちょっと割高ですが信頼性は良さそうです。

しかしホビー男ってツールに拘ってしまいますね。オーディオ機器をはじめ模型のエアブラシや無線RXやパドルもそうですが、自分がやれる規模からすると設備投資が明らかにアホなレベルに逸脱しています(爆

そこのハイエンダーさん、笑う資格ナシですよw

|

« SDIF-2再来 | トップページ | 箱モノ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SDIF-2再来 | トップページ | 箱モノ »