« 難儀な垂直尾翼 | トップページ | スジがいい、スジが悪い »

2008年5月11日 (日)

きゃのぴぃ

怒涛の更新です(核爆

20080510_cp1話が前後しますが、コックピットは随分前からできています。空モノの組み立てではたいてい初めに作るところですからね。製作意欲がもっとも残っている段階でもあります (^^;

ちなみにコックピット指定色は配備中の機体のものと結構違うようです。装備機材も違います。1,2号機はこんなんやったのかなぁ。。。いや、やっぱりイタレリモールドちょっとうそ臭いです。かなりスカスカな感じ。

このMcDonnell-Douglas社製ACES IIイジェクションシートはライトグレー系が指定されていますが、F-22の座席はたいてい黒基調のはずなのですが。。。

あまり考証をやりだすとキリがないのでとにかく作ることにしました。組立説明書の①で精力使い果たしかねないので(爆

しかし1/72ってのはジレンマですね。作りこむには小さすぎるのでなかなか1/48クラスのディテールアップも難しい。でも素組では物足りないし。

とりあえず今回は「なり」の部品でちゃちゃっと済ませました。開閉ロッドの銀は一応アルミ箔を巻いてあるのですが、あまり意味ないみたいです (^^;

20080510_cp2ポイントとしては、キャノピーの枠は機体側に接着して工程を進めている点でしょう(写真の赤点線部分)。閉じた状態を作るつもりなのですが、事後的に流し込みセメントでというのは最後の最後で塗装を乱す可能性が高い上にピチッと閉じた雰囲気が出しにくいのです。

むしろ透明パーツだけあとで透明エポキシ系とか酢酸ビニル系接着剤でわからんようにちょちょっと留めておくのが無難。

世の中何事もフェイルセーフです。

|

« 難儀な垂直尾翼 | トップページ | スジがいい、スジが悪い »

コメント

クリアパーツの接着はカーモデルでも苦労します。

「超透明」と銘打ったクリアボンドがありますが、コニシボンドに比べると接着力が弱いの扱い難いです。透明感はありますが。

僕はこういう場合、クリア塗料を多い目に塗ってクリアパーツをポンっと置きます。塗りが足りないとシルバリングをおこすのでタップリ塗るのがコツですね。

しかし、この技も接着面がピタっと合っていて出来るもの、画像のような形状では合わすのが至難の業ですね。

<業務連絡>
昨夜、hide。師匠宅でレジンキット原型を見せてもらいましたが、あまりの美しいスジに激しく萌えました(激危!

投稿: しゅうへい | 2008年5月11日 (日) 04時43分

先端の微妙なカーブの隙間を
どうしようか悩むところですが
その前にやることが山のように
ありますのでねw

萌え、ですかぁ。。
屋根裏部屋で夜毎。。。アブ

投稿: NAIT | 2008年5月11日 (日) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 難儀な垂直尾翼 | トップページ | スジがいい、スジが悪い »