« F-22 Raptor | トップページ | きゃのぴぃ »

2008年5月 9日 (金)

難儀な垂直尾翼

ラプターの全体的なフォルムにおける第一の難関は前述の上面パックリ分割でしたが、第二の難関は垂直尾翼でしょう。

20080509_vtこの2枚の翼、インテイクの斜めのラインと平行になるようにつけるわけですが、「なり」で組むと本来より立った状態になってしまいます(^^; 逆に正しい角度で固定すると内側の付け根に最大0.8mm程度のギャップが出てしまうので厄介です。

フラップ下端の割りの位置もちょっと高すぎるし・・・・・やっぱイタレリですわな・・・・・

実機の垂直尾翼も付け根に境界がはっきり見えるのですが、1/72スケールにおける0.8mmは実際は57.6mm。資料写真をいろいろ観察してもちょっとこの隙間は大きすぎると思います。

というわけで「埋め」にかかりましたが、大きな隙間を小さな隙間に補修するのはなかなか大変。ただ埋めてしまうだけなら楽なのですが、それだと実機と違ってしまいます。結局ポリパテで埋めたのちスジ彫りの要領で細いギャップを再生することにしました。

20080509_vt2塗り込んで削ってを試行錯誤して、右の翼はだんだんまとまってきました。左の翼のギャップよりはファインに収まりました。パテの薄緑色とサフの灰色のダンチが目立ちますが、細目のペーパーで入念にならしてFIXとします。そして消えかかったいくつかの線を引きなおすと。

境界へのスミ入れはたぶんわざとらしい仕上がりになるので、あとはシャドー吹きで誤魔化すか・・・・・

20080509_sawこのスジ彫りに大いに役立つのがハセガワのエッチングノコです。これがないと失敗する局面はかなり多いことでしょう。鋭利かつ薄くて曲がるので直線だけでなく局面への応用も利きます。ちょっと高価ですが欠かせないツールです。

20080510_vtup 一応このように落ち着きました→

そもそも接着前に入念にすり合わせをしておくべきだったナ・・・・・

あ、まだスジ彫ってない(爆

|

« F-22 Raptor | トップページ | きゃのぴぃ »

コメント

飛行機はよく分りませんが、この角度はかなり作業し難いように見えますね。
僕ならサフを厚い目に吹いて隙間を小さくするだけで誤魔化すと思います。
周りのスジも埋まってしまうかな??

それか翼接着時に瞬接を多い目につけて固まってからはみ出した部分をデザインナイフで切り取る方が綺麗に仕上がると思いますが、どうでしょう?

投稿: しゅうへい | 2008年5月10日 (土) 11時29分

ガワより実を取る男、NAITです(謎爆

>サフを厚い目に吹いて隙間を小さく
それがサフごときで埋まる
隙間じゃないのです(泣

結局、片翼は手先に任せてコツコツ
処理しました。おっしゃるように
接着後に完璧スムーズな曲面にするのは
至難の業のようです。うpした写真が
限界でつね。。

>はみ出た部分をデザインナイフで切り取る
これは僕だとゼッタイ刃先で上面パーツに傷を
いれちゃいますので無理ですね。
削って整形しないと厳しいです。

投稿: NAIT | 2008年5月10日 (土) 16時52分

胴体にマスキングゾルを塗り、尾翼のほうにパテを盛り押し付ける。

半固まりになったらはずして軽く形態修正。

完全硬化後に翼面と面一に整形。


この方法だと機体側にエッジが作りやすいです。

投稿: hide。 | 2008年5月10日 (土) 21時12分

hide。さんthanxです。
安易にパテを盛ると機体側の面を
潰しかねないのでおっしゃるような
方法は有効だと思います。

実はそうしたんです。ゾルじゃなくて
テープだったんですが。
どっちにしても整形はそれなりに大変でした。

投稿: NAIT | 2008年5月10日 (土) 22時58分

ありゃこれは失礼しました。

4枚目を拡大してみたらとってもきれいだったのでびっくりしましたw。

大きなお世話様どした(汗)

投稿: hide。 | 2008年5月11日 (日) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F-22 Raptor | トップページ | きゃのぴぃ »