« SDIF-2リベンジ | トップページ | GPSDO »

2008年6月13日 (金)

殿、御乱心!?

20080612_ptこの期に及んで何してんねん、という感じですが、残留ゾルのベトベトガチガチのせいで庫内の表面がすっかり傷んでしまい意気消沈。これは何とかせねばと思い立ったのが

ステルス飛行状態

への改修です (^^; 臭い物にはフタを、ということで兵器庫と車輪格納庫を「閉状態」とします(爆

気にしなければ庫内も汚し塗装でごまかせるはずですが、製作者が自分のミスを「大したことないから気にすんなよ」というのは土台無理ですよね (^^; 趣味でチマチマ作っているわけですから、コダワリを捨てた時点で終了。技量の限界までやって失敗するのとは意味が違います。

普通こういう作業は機体の骨格部分を組み立てるときにパテを盛って削ってとやるわけですが、工程がずいぶん進んでしまいましたので整形には一層の慎重さが必要になりますが、これもチャレンジです。

イタレリのこのキット、もともと「開状態」を前提としているようで、フタパーツはそのままだとサイズも厚みもキッチリ合うような代物ではありません。なのでポリパテで激しく埋めてスジを彫ることにしました。主脚の出っ張りも実機より低いのでついでに盛り上げてみます。

ウェポンベイを平面にならすときは大胆かつ慎重にヤスリをかけます。金工用のでっかいヤスリで始めて#240の荒いペーパーを大きい木片に貼り付けて均一にならしていきます。ほぼ面が出たら細かいペーパーで整えます。

車輪のフタは複雑な曲面なのでリューターも活用します。本体は浦和工業製ですが、ダイソーのφ2.34mm先端工具が安くてありがたいですねw

ゾルの使い方については、反省点として今後につなげたいと思います。製品によって良し悪しはあると思いますが、あくまでもマスキングテープの補助として使い、何ヶ月も放置しないことでしょうね。

|

« SDIF-2リベンジ | トップページ | GPSDO »

コメント

かなり大変やったんやねぇ。。。

オイラが同じ目に遭ったとしたら、恐らく3日くらい水に漬けといたかな?wアカンかもしれんけど。

投稿: hide。 | 2008年6月13日 (金) 12時00分

心中お察しいたします。

こちらは研ぎ出しに入ってから気付いたのですが、黄色にムラがある部分のタッチアップをしています。
特にドライバーの頭の後ろの内装にかかる部分ですね。筆塗り厚塗りの後ペーパーで落ち着かせてからクリアをブラシで吹きました。
この部分はうまくごまかせました。

ところが、研ぎ出し中に別パーツの境目の部分が押されて塗装が剥げている部分を見つけてしまい消沈しています。

針でつついたほどですし、ホワイトサフがのぞいているだけなので目立ちませんが、今の僕は許せません。

週末にじっくり対策を講じたいです。

投稿: しゅうへい | 2008年6月13日 (金) 12時46分

>hide。師匠
ぐちょぐちょなのは溶剤や漬けおきで
取れそうだったんですが、コベコベの
部分はガリガリ削らないと落ちなくてorz

>しゅうへいさん
フェラリ画像ではとても綺麗にボディが
あがっているように見えましたが
写真はすべてではないですよね~

投稿: NAIT | 2008年6月13日 (金) 14時04分

イエローは隠ぺい力が弱いのでブラシの吹きが
行き渡り難い箇所でサフの色が透けてしまってます。

エアインテークの内部側面とかは陰影のように見えるので許せるんですが、指摘箇所は明らかにおかしいので補修しました。

塗装剥がれはほんの0.*mmなんでほっておいても支障ないんですが、クローズアップ画像ではバレてしまいます。
こういう部分は肉眼より写真で気付くことが多いですね。

いやぁ、いろんなミスをして感じますが、プロモデラーって一体どんな神経してるんだろう?www

投稿: しゅうへい | 2008年6月14日 (土) 02時53分

補修完了しますた。
ふぅぅ。。

完成はいつになるやら。

投稿: しゅうへい | 2008年6月14日 (土) 22時15分

乙です。
こちらはまだヤスってますw
まぁじっくりと。

投稿: NAIT | 2008年6月15日 (日) 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SDIF-2リベンジ | トップページ | GPSDO »