« スペクトラムで遊ぶ | トップページ | 彷徨いの予感 »

2008年6月30日 (月)

手探り

20080630_mcDEQ2496のオートイコライジング機能を試してみましたが、なかなか難しいものですね。暗闇で手探りでものを探しているような感覚かな (^^; 写真でいえば完全マニュアル作業でカラーバランスを補正しているような感じ。

軸上1m、リスポジ、いろいろ測定してみましたが、結果の補正値をかけて聴いてみると何ともプアな音です(爆 これはDEQ2496の責任ではなく不慣れな測定による結果と思いますw 

部屋の特性も凸凹で位相もずれて打ち消しあっているのでしょう。グライコの隣接するバンド差が結構ガタガタで、こんなんでええの?って感じでした。

内臓のピンクノイズやオーディオテストCDなども実験してみましたが、ティールはやっぱり高域がチャキチャキ気味なのか?8kあたりを頂点に盛り上がっていますゾ?

今後も実験してみたいと思いますが、プロセッサー挿入による鮮度の低下はやはりありますね。SDIFに戻すと演奏の「気合」が感じられてホッとします。やはり常時イコライザーを介在させるのはよろしくないようですね。

20080630_peq_2DEQ2496自身のクロック改造や電源部改造記事も見つけましたが、そこまで手をかける価値があるのか・・・

やはりこれは「オーディオ玩具」なのか・・・

それにしても、測定マイクECM8000は\5.8kとはにわかに信じがたい精工な出来です。性能はどうでしょうか・・・

|

« スペクトラムで遊ぶ | トップページ | 彷徨いの予感 »

コメント

>8kあたりを頂点に・・・

あぁ一番神経にくる帯域ですねw

以前調べたんですが、女性ヴォーカルのキンつく
帯域が5kHz付近でした。8はガラスのひっかき音ぐらいでしょうか?

投稿: しゅうへい | 2008年7月 1日 (火) 05時29分

スペアナ計測すると面白いですね。
高域シャラシャラはティールのトレードマークよんw
20Hzは近くの道路を車が走ったときに
盛り上がりますねw

投稿: NAIT | 2008年7月 1日 (火) 16時48分

20 40 80 160 320 600 1.2k 2.5k 5k 10k 20k

  ■■      ■■            ■
 ■■■■   ■■■■■■■    ■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

経験上こういうカーブの音が一番聴きやすいですね。

投稿: しゅうへい | 2008年7月 1日 (火) 18時37分

これまた御丁寧にw
中域の山はヴォーカルなど音楽の
聴かせどころでしょうか。

Voってグライコの微妙な調整だけで
手前とか奥とか結構コントロールできますね。

ピンクノイズを平坦に出したからといって
音楽ディスクが美味しくかかるわけでは
ないので難しいものです。
仕上げは聴感ですよね♪

投稿: NAIT | 2008年7月 1日 (火) 19時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スペクトラムで遊ぶ | トップページ | 彷徨いの予感 »