« 歌舞伎メイク? | トップページ | 乾燥はカリカリに »

2008年6月 4日 (水)

ボケ味

迷彩に入る前に、必要な準備を進めました。

軍用機の迷彩にも国や戦闘地域や時代によっていろんなパターンがあり、モデラーの腕の見せ所にもなっています。ただ、このF-22は単純なボカシ迷彩で、ぼわんと翼や上面に濃い目の301を吹くだけになります。

注意点はボケ味の幅。カメラでいうところの絞りですね。35mm判における50mm標準レンズでいえば、22だとカリカリすぎ、開放だとボケすぎ。4半か5.6くらいって感じでしょうか。

20080604_1無精者の僕はまず設計図を会社で拡大コピーw。タミヤの設計図は186%で実寸に近くなりますよ。これをくりぬいてマスクにしようということです。

ラプター迷彩のような単純な形ならフリーハンドでもできなくはないのですが、ボケ幅を一定に保ちながら形を描いていくのは神経を使いますからね (^^;

20080604_2 その前にまず試し吹きのために紙を適当な形に抜いてみます。

.

20080604_3 次に登場するのがクルクル巻いたテープ。

.

.

20080604_4これをマスク周囲にヘバリつけて塗装面とマスクの間に数ミリのギャップを作ります。

.

20080604_5試し吹きです。

.

.

20080604_6すきまの高さやエアー圧をいろいろ変えていくつかのパターンを試します。近すぎるものはやはり境界がカリカリですね。でもあまりボケボケでも飛沫が周囲に飛びそうです。

|

« 歌舞伎メイク? | トップページ | 乾燥はカリカリに »

コメント

面倒になってフリーハンドでやっちゃうとイマイチになっちゃうんだよね。

吹き方の組み合わせが無限大なのでどれをよしとするかなかなか難しい。

しかもスケールによっても違うしね。。。(汗)

投稿: hide。 | 2008年6月 4日 (水) 13時14分

そういあ、グラデーションとかかけた後で上から迷彩吹いたらせっかくのパネルの陰影とかが飛んじゃわないの?

最終、汚しとかウォッシングとかするんだろうけど。。。

薄く吹くとか?

投稿: hide。 | 2008年6月 4日 (水) 16時16分

パネルの陰影は迷彩色に濃淡をつけて
また吹きますよ。どっちにしても
グレーバイオレットを基準にした濃淡は
迷彩色の上に吹いてもチグハグですからね。

初めに迷彩を吹いてからパネルの
ディテール、ってのが合理的とは
思いましたけど、アガリの感じを
グレー部分だけで見たかったんです。

どっちにしても迷彩の面積は少しなので。

投稿: NAIT | 2008年6月 4日 (水) 17時34分

こだわりの男やネェ~~w。

しゅうへいくん!アガリを焦って先走ってピュッぴゅっ~ってのはいかんのだよw。

手間ヒマ惜しまない姿勢に拍手w

投稿: hide。 | 2008年6月 4日 (水) 17時57分

シューヘー氏は今回は慎重に見えますけどね。
オクらずコレクションにとか言ってるしw
自分用なら丁寧ってこと??
がんばってくださいね♪
Delius-TASCAMも楽しみですね。

投稿: NAIT | 2008年6月 4日 (水) 18時43分

そういあ、「黄色」の写真が上がらないねぇ。。。

自信たっぷりっぽいけどどうなってるんでしょうか?

投稿: hide。 | 2008年6月 4日 (水) 23時56分

フフフ。。今にみとれよ(^^)

投稿: しゅうへい | 2008年6月 5日 (木) 04時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歌舞伎メイク? | トップページ | 乾燥はカリカリに »