« 苦戦中。 | トップページ | 手探り »

2008年6月27日 (金)

スペクトラムで遊ぶ

20080626_deqふとベリンガーDEQ2496を仕入れてみました。以前からちょっと気になっていたアイテムです。「オーディオ玩具」と出るか「秘密兵器」と出るか博打的な要素はありますが、遊んでみたいと思います。

ご存知の方も多いでしょうが、アキュのデジタルヴォイシングイコライザーのなんちゃって版みたいな使い方ができるものです。測定マイクを使ってSPから出てくる再生音のF特をリアルタイムにアナライズしてDSPで補正カーブを作るのです。その他、グライコだパライコだとものすごく多機能ですが爆安という、なんともありがたい製品。

この手の製品にありがちな鮮度落ちはある程度覚悟していますが、VerdiとElgarの間にAES/EBUデジタルIN/OUTで挿入しますので、最終的にはエルガーのD/A変換頼みです。またDEQを経由せずにTSP-DACを定番のSDIF2で接続しているので、好みやディスクによって選択切替ができます。

うちのシステムでは均整のとれたソースは上手く再生できるのですが、Rock/Popsものの中にはとても痩せたショボイ鳴り方をするものが多いです (^^;

実際、Digital Inで入れたあるCDのスペクトラムを解析しますと100Hzあたりから下の低域がスーッと落ちていきますし、全体にリミッターもしっかりかかっていました。これを楽しめる音楽にするにはこちらで積極的にいじるしかないですね。

拙宅の環境は専用部屋ではなく設置の自由度も低いので、SPのスイートスポット探しにも限界があります。部屋の特性も凸凹でしょうからw、なおさら補正してみたくなりますね。

あまり硬く考えずに電気的にメスを入れてしまいましょう♪ECM8000測定マイクもありますので、まずはSP軸上1m基準で測定します。

|

« 苦戦中。 | トップページ | 手探り »

コメント

NAITさん、こんにちは♪

これは遊び甲斐のあるおもちゃですよ!
軸上1mとリスポジでピーク、ディップが反転している場合があり、定在派の影響の大きさにビックリします。

筐体がペコペコなので、インシュで驚くほど音が変わります。
私もいろいろ試しましたが、ホームセンターで買った小さくて薄い「滑り止めゴム」が一番良かったです(汗
いろいろ試してみてください!

投稿: kimura | 2008年6月27日 (金) 09時44分

kimuraさん毎度。
まずは低域の痩せたヘビメタなどを
聴感でファットにして遊んでいます。

dCS-Jeff-Thielからミニコンの
バスブーストをかけたようなヘビメタが
聴けました!!これは楽しい!爆

DEQ2496はパライコがいいですね。
何かと難しい感じがするPEQですが
視覚的に操作が簡単にできます。
グライコより使い易いですね。

引き続き遊んでみます。

投稿: NAIT | 2008年6月27日 (金) 09時57分

おもろいでしょw

うちにももうちょっと古いものがありますが、お遊びと割り切ってイロイロやってみるべきですね。

逆にとても参考や勉強になることにも出会いますしね。

たまには堅苦しい事抜きに遊ぶべきですねw。

投稿: hide。 | 2008年6月27日 (金) 13時00分

NAITさん

そうきましたか?w

僕はてっきり外部クロックを導入されたかと思ってました。

KIMURAさん

タスカムってパライコ機能が内蔵されてませんでしたっけ?

投稿: しゅうへい | 2008年6月27日 (金) 13時07分

hide。さん、まいどまいど。

おっしゃるように、たまには
自分が良いと信じて聴いている音を
数値化して化けの皮をはがすと
勉強になりますね(^^;

測定技術があまりないので
データの信頼性も低いですが(爆

投稿: NAIT | 2008年6月27日 (金) 13時08分

しゅうへいさん、乙です。
人のブログにカキコしてる場合かい?w

あまりに爆安なので先に手が出ましたw
クロックの話も当然生きてますヨン。

投稿: NAIT | 2008年6月27日 (金) 13時13分

>人のブログにカキコしてる場合かい?

怒涛の一週間が終わって帰宅しますた(ふぅぅ
さぁ、ひでさんのSD9200はいつ返すんだww

投稿: しゅうへい | 2008年6月27日 (金) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 苦戦中。 | トップページ | 手探り »