« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月21日 (日)

グルメの終焉.....なるか

20080921_mt「開眼」などというとおこがましいのですが、イコライザがまずまず満足に設定できるようになると、ある意味スピーカーグルメやアンプグルメ(主にパワー)がかなりどうでもよくなってきました(爆

空間の提示の仕方などは基本的にSPの個性によると思いますが、かなりの音調をメリハリ元気印からしっとり深い陰影調までコントロールできるようです。床を這うようなBassの沈み込み具合からブラスの鮮度感まで好みの具合に調整できるので困りました(笑

基本的には補正に絞った使い方をしています。DRC等のPCソフトウエアかDG-48やDEQ等のハードウエアアナライザーを使うかは別として、やっていることは同じかと思います。

これまで試した中で比較的上手くいった方法では、まずリスポジにおける定位の改善をはかるために中高域の左右チャンネルのF特のズレを縮めます。あくまでも±3dB以内に軽く。無理に平坦化すると冴えない音になるようです。低域については定在波による凸凹を整える方向で補正。高域ほど左右のズレは耳に分からないのでラフに補正してます。

左右のズレを圧縮したら、全体的なカーブを整える方向でLR同時に調整。-2dB/octくらいの傾きで高域方向に向かって右下がりになる感じがスゥィートなようです。この傾きはソフトによって違ってきます。

オモチャ程度とナメていましたが、デジタル時代ってホント恐ろしい。

もちろん、微細な点に拘ればDEQ2496による鮮度の後退は若干ありますし、EQに送るAES接続よりもVerdiとElgarを直で結ぶSDIF-2が勝ると思います。それでも部屋の不揃いな伝送特性を補完して音域バランスを整えることの方がはるかにメリットが大きいと思います。

左右で結構ズレている同軸2wayツイーターのクロスオーバー付近の特性もLR独立のデジタル補正のお陰で使える範囲に収めることができましたし、定在波による凹みもまずまず解決。

ぶっちゃけ、Reference Recordingsレーベルからヴァンヘイレンまで、DEQの設定ファイルの選択一つでかなりの満足度で聴けてしまうわけですから、この便利さは手放せません。

パワーアンプに至っては、ウーファーの逆起電力を制御できればアンプ自体の音の個性なんて、とまで思うようになりました。そのへんのデジアンでええわ、って (^^;;

もちろん、ひとつひとつの機材やケーブルまで拘る姿勢を否定するはずはありませんし、軍資金さえ何とかなれば、それらに散財しても一向に構わないと思います。

・・・ただ、ピュアリストにはもう戻れないかなぁなんてね。

| | コメント (4)

2008年9月16日 (火)

サウンドの指針

自作に力を注いでいると思われるでしょうが、実は白状しますと、最近サウンドの指針がよ~わからん状態なのですね(ヤバ

以前にご紹介したDEQ2496やPCを使ってサウンドを日々弄っているのですが、帯域バランスの理想像、測定した実際、自分の好み、などなど多くの要素がバラバラの位置にあって、自分のオーディオ道のアマちゃんぶりを露呈しています(爆

使い始めて数ヶ月たって次第にEQの調整どころが見え始めてきた感じがしますが、メーカーによってコーディネートされたSPをシンプル&ストレートな接続で使いこなすのは実はかなりタイヘンだなぁということが分かったことが現時点の成果でしょうか(爆

もちろんマルチだってもっと大変だと思いますが、パッケージ製品化されたSPからメーカーの意図するサウンドすら引き出せない場合も多いのではないでしょうか。解決策としてサブウーファやスーパーツィータを導入される方が多いのも頷けますね。

折りしもSS誌でEQ特集が組まれていますが、実際はあんなに簡単に上手くはいかないように思います。DG-48の能力はよく知りませんが、イッパツ自動補正よりもワーブルトーンで左右数十バンドを地道に測定していくのが現状の問題点を把握するには結局は早道なのかなと。

拙宅ではああいう試聴室のような大音量で聴くことはありませんので再生レベルによるEQの調整度もずいぶん違います。そもそも、拙宅のゆがんだプロポーションのリビングではなかなか理想的な室内音響を得るのは厳しいんですよね。

悲観的にばかりなっていても仕方ないので、まずは基本に立ち返って補正量ができるだけ少なくて済むようなSPのポジションを探して流浪中の今日この頃です。簡単に移動できるように置台の大理石にもキャスターを付けました。無茶苦茶便利なのでヤミツキ(爆

まず攻略すべきは、ややもすると賑やかになるThielの高域を上手くバランスさせるような低域が得られるポジションを探すことです。それもカブリができるだけ出ないように.....もう何年も使ってるのに、未だにこんなことでお恥ずかしい限り (^^;;

| | コメント (1)

2008年9月11日 (木)

電材屋?

20080911_cb_3市販完成品のケーブルグルメの世界を離れてかれこれ何年になるでしょうか。

ブランドケーブルはリセールが利くので物置に積みあがることはあまりないと思いますが、自作派の場合はカットして余った線材や使わなくなったもの、あるいは分解したものなどがどんどん堆積していきます (^^:

拙宅でも重量級のCV14sqから極細の内部配線材までおびただしい種類の電材がストックされるに至りました。無線関連の工作もやりますので50Ω系同軸も豊富です。ちなみに、いかにも「オーディオ向け」みたいな線材はあまりなく「産業用電線」が中心です。

中には現在は個人の発注ロットでは入手難の電線もあったりして捨てないで良かったと思うこともあります。

ジュンフロンのテフロン同軸DFS050は以前に多めに買っておいて助かりました。先日Elga-Verdi間のデジケーを作り直そうと愛三に買いに行ったら、以前のようなメートル単位の切り売りはしなくなったとのこと。意気消沈でしたが、手持ちをゴソゴソやっていると余りを発見しました V(^^) 

昨今の素材高の影響でしょうか、電材の価格や購入ロットの仕切りが業界内でかなり変わってきたような気がします。

ケーブルもさることながら、熱収縮チューブの切り売りも以前と様相が変わりつつあります。タイガー無線で取材したところでは、以前にはあった色がなくなったり小売店も仕入れをはばかるような購入価格やロットになってきている製品も多いとのこと。

デ●カ●レ●ト●ン逝ってよし!←オッチャン談

ケーブル自作派にも厳しい時期ですね.....頼みの綱は台湾製か.....

| | コメント (0)

2008年9月 7日 (日)

バッファ基板

20080907_kbn_2前から一度コレやってみたかったんですねぇ。

バッファ基板の真鍮固めw

ガチガチに硬いです。音悪い可能性アリ(爆

真鍮にGND落とすもよし、浮かすもよし。

裏向きなので部品は表面実装で。

でも普通のパーツばっかしなので無理矢理SMDです(爆

| | コメント (5)

2008年9月 1日 (月)

楽しい妄想

20080901_sd1秋のオーディオに向けてプリいじり計画をいろいろ妄想しています。こういう計画段階が一番楽しかったりするのはどの趣味も似たようなものか?w

ただ、自作なので買ってオシマイ、とはならない点が楽しくもありチャレンジングでもあり、だからオーディオDIYは止められないんですね (^^;

さて、当初はカーボン可変VRを抵抗回転式ATTに換装して終わりにしようかと思っていたのですが、以前から2台目を製作するためにパーツをいろいろ集めていたのでやっぱり新個体を作ろうかと思います。進化(退化?w)を比較試聴しやすいですし。

さしあたっては「電源くん」製作の際にも出てきたチーク板、真鍮板、そしてさらに以前から温存している四国からいただいた船舶用のナゾ鉄板wなどを総動員して在庫消化したいと思います(爆

回路的には1号機からあまり弄る予定は無く、AD797に負帰還をかけたシンプルなものにとどまる予定です。むしろ抵抗やコンデンサの選択を慎重にやってみたいと思います。ってもうスケルトンやSEコン買ってあるんですけどw 最近は理研のラインナップも変わったし、その辺にも興味はありますが。それとも使い古しのススムでも出すか.....

電子部品もキーポイントですが、今回はそれと同時に機械的な強度UPや複合素材による鳴きのコントロールにも手を入れるつもりです。

20080901_sd2自分は相変わらず金田式やSino系を追っている状態で特に面白みもありませんが、色づけの少ない高解像度系という路線では長年ブレてはいないと思っています。まぁあまり気負わずボチボチ進めていきたいと思います。

| | コメント (6)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »