« バッファ基板 | トップページ | サウンドの指針 »

2008年9月11日 (木)

電材屋?

20080911_cb_3市販完成品のケーブルグルメの世界を離れてかれこれ何年になるでしょうか。

ブランドケーブルはリセールが利くので物置に積みあがることはあまりないと思いますが、自作派の場合はカットして余った線材や使わなくなったもの、あるいは分解したものなどがどんどん堆積していきます (^^:

拙宅でも重量級のCV14sqから極細の内部配線材までおびただしい種類の電材がストックされるに至りました。無線関連の工作もやりますので50Ω系同軸も豊富です。ちなみに、いかにも「オーディオ向け」みたいな線材はあまりなく「産業用電線」が中心です。

中には現在は個人の発注ロットでは入手難の電線もあったりして捨てないで良かったと思うこともあります。

ジュンフロンのテフロン同軸DFS050は以前に多めに買っておいて助かりました。先日Elga-Verdi間のデジケーを作り直そうと愛三に買いに行ったら、以前のようなメートル単位の切り売りはしなくなったとのこと。意気消沈でしたが、手持ちをゴソゴソやっていると余りを発見しました V(^^) 

昨今の素材高の影響でしょうか、電材の価格や購入ロットの仕切りが業界内でかなり変わってきたような気がします。

ケーブルもさることながら、熱収縮チューブの切り売りも以前と様相が変わりつつあります。タイガー無線で取材したところでは、以前にはあった色がなくなったり小売店も仕入れをはばかるような購入価格やロットになってきている製品も多いとのこと。

デ●カ●レ●ト●ン逝ってよし!←オッチャン談

ケーブル自作派にも厳しい時期ですね.....頼みの綱は台湾製か.....

|

« バッファ基板 | トップページ | サウンドの指針 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バッファ基板 | トップページ | サウンドの指針 »