« 壁を打ち破れ!? | トップページ | グライコ第2弾 »

2008年10月14日 (火)

B級グルメは.....続く

20081017_ulDEQ2496、いろいろ弄ってその恩恵も分かりましたが、結論としては定期的な測定や「フラットだとこう聴こえるんだよ」というモノサシ程度に使おうかと思うに至りました。

スタメンになれない理由はやはり音の正気が多少ですが薄れてしまう点。もう少し具体的にいえば、立体感が後退するとかバッフル面からの音離れがイマイチとか。こういう要素ってオーディオ評論家センセ用語でいうところの「音の浸透力」にかかわってきます。心に訴えかけない音楽なんて大掛かりな装置で聴いても意味ないんです。

AD/DA変換はパスしてVerdiとElgarの間にデジタル接続する形で吟味してきましたが、劣化はデジでも避けられないようです。もちろん調整テクの至らなさもあるでしょうから、EQの可能性は計り知れないくらい大きいと思います。

これが安物ではなくDG-48やDriveRack4800だったらどうなるかなぁという興味も湧きますが、さぁどうでしょうか.....ですので劣化のより少ない製品を探してみようかと思います。

一番いいのは、音のバランスをセッティング、ルームアコ、そしてそもそもの機材選び等で整えていくことでしょう。それは分かってはいるものの、何かと環境制約が多いもので (^^;;

B級グルメの旅はまだまだ続きそうです。

|

« 壁を打ち破れ!? | トップページ | グライコ第2弾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 壁を打ち破れ!? | トップページ | グライコ第2弾 »