« 今年のIAS | トップページ | B級グルメは.....続く »

2008年10月10日 (金)

壁を打ち破れ!?

20081011_mtシステムを設置しているのはリビングなのですが、試しに床から天井まで2.5m近くあるガラス戸2枚を開放して聴いてみたところ、目からウロコw

こりゃすっきりした音です。

通常の閉めた状態で測定すると定在波の悪影響が随所に現れるのですが、ピーキーになりがちな帯域の音が外に抜けるので隣接バンドへの抑圧も極少。中低域が比較的リニアに再現されるので上も自然な感じ。

ふとスペアナに目をやると若干右下がりの平坦な特性になってますw 低域は定在波でガタつきますが、高域は±2-3dB程度で推移しているようです。

ルームアコでの対策も必要ですかね。。戸を閉めた状態ではやはり室内の反射でピーキーな帯域があるようですね。かといって大きな拡散板など常設できませんし (^^;

う~ん、究極の再生は原野で爆音?w

|

« 今年のIAS | トップページ | B級グルメは.....続く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年のIAS | トップページ | B級グルメは.....続く »